ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今週の琵琶湖はこう釣ろう!【琵琶湖リサーチまとめ(9月9日収録分)】

本サイトの動画チャンネル、Youtube「ルアーニュースTVチャンネル」の人気コンテンツ「琵琶湖リサーチTV」はご存知でしょうか。

このコンテンツ、分析大好き系琵琶湖プロガイド・平村尚也氏がその時の琵琶湖の状況報告と見通しを解説してくれるチョ~便利な動画なのですが、最新収録分が公開となりましたので内容をかいつまんでお届けします。


SnapCrab_NoName_2016-9-9_17-47-59_No-00

台風接近やゲリラ雷雨などの影響で、雨や曇りといった天候が多かった1週間。アオコだらけの南湖も若干ながら水質の改善もみられている。

しかし低水位&低放水量状態はいぜんキープ。

水温:26度

水位:マイナス37cm

放水量:15t/s


南湖北エリアは、北湖の水が流入する影響で、回復が早い傾向。

下の北エリアのポイントでは、ライトリグを投入すれば1日2ケタ釣果は手堅い状況。

ヒットルアーはロングカーリーのテキサスリグ、ヘビーダウンショットなど。大型の釣果も期待できる。

SnapCrab_NoName_2016-9-9_17-53-17_No-00


エリアが限定されてしまう南湖に対し、好調なのが北湖。

沖の10mラインでは50cmUPの単発ヒットなども見られる。

SnapCrab_NoName_2016-9-9_17-56-13_No-00


南湖はカネカ以南、特に六本柱からディープホール、浜大津方面はアオコの影響がひどく、平日でもボートが1-2艇のみと、ほぼアングラーが入っていない状態。

SnapCrab_NoName_2016-9-9_17-58-33_No-00


ただ、南エリアは壊滅的かというとそうでもなく、

若宮沖、ヤマハ沖、葉山川、北山田インサイドなどのエリアでは巻いて釣れる展開。

SnapCrab_NoName_2016-9-9_18-2-23_No-00

北エリアで回復してきた水が南エリアに若干ながら流れてきているので、南エリアでも今後は釣果が期待できそうなので、注目してみては。


というわけで、次回配信は9月16日予定です。