ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣り総合ニュースサイト

パタパタがすごい!しかも超簡単!秋エギング完全対応の「中層エギング」に迫る!

_MG_3938

秋エギングシーズン開幕!

近年あまり景気のよい釣果を聞けていなかっただけに、今シーズンの好調っぷりは素晴らしく、準備しないと!と思っているアングラーも多いはず。

今年の春生まれの個体の新子と呼ばれる、胴長10cm前後のアオリイカが超高活性で、シャローエリアで捕食をしているので、比較的イージーに釣れるのが秋エギングの最大の魅力。しかもサイトフィッシングでアオリイカを見ながら釣ることもできるので、ビギナーにはもってこいの季節!小型ばかりかといえばそうでもなく、当然いいサイズもいるので、少し水深のある場所や、潮の変化のある場所を狙えば、良型も釣れるんです。

そんな楽しくてイージーな秋エギングですが、さらにイージーに楽しめてしまうパターンがあるのです。

それが、デュエルのエギ・イージーQキャストシリーズを使用した、中層エギング。


_MG_4051

中層エギングって聞き慣れない言葉かも知れませんが、言葉の通り、中層のレンジを攻めるエギングのこと。

これを1年中実践しているのが、デュエルプロスタッフの池内修次さん。


_MG_3870

池内さんは、イージーQシリーズを使用する際、ボトムはとらずに、中層や表層付近を狙っている。「まずはボトムをとるのがエギングの基本では?」とギモンに思う人もいると思いますが、池内さんはボトム付近にいる個体を狙うよりも、中-表層にいる活性の高い個体から狙っていくことを優先している。しかも秋シーズンならなおさらで、エギに興味津々な超高活性の新子はすぐにエギを見つけてチェイスしてくるので、わざわざ深い所を狙う必要はないという。

シャクリ

この攻めでは、ボトムを狙わないのでエギのロストもないし、早い時間でチェックできるので、非常に効率的。もちろん、初場所で水深や地形変化を探りたい場合はボトムをとって狙うことは必要ですが、ポイントを把握している場合は狙いたい水深まで数秒沈めるだけといたって簡単(ちなみに、アクションについては動画をチェック)。激しいシャクリは不要。軽~いシャクリ、というかトウィッチ(左右へのダート)を4-5回してテンションフォール。フォール時間はポイントや状況にもよりますが、基本的にはシャクリの回数分の秒数が目安とのこと。


パタパタ水中_MG_3669

写真左:イージーQキャスト 写真右:イージーQマグキャスト

でもなぜ、軽いシャクリでいいのか? それは、池内さんが激しくローテーションするイージーQキャスト&イージーQマグキャストだから。これらのエギにはパタパタフットとパタパタフィンがそれぞれ搭載されており、これがフォール中に絶妙な波動をだしてイカにアピールするのが、その理由。軽いシャクリでもフォール中やシャクった時に十分にアピールする。イージーQシリーズはこれがキモ!
まさに簡単=イージーなエギング! それが実現するイージーQシリーズで、ぜひ秋エギングをさらに楽しんでください!

実釣動画配信中

関連する記事