ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オヌマンこと小沼正弥プロデュースの新作・アイアンマービー55の詳しい解説がアップされているぞ

シーバスゲーム、特に近年大人気のデイゲームに欠かすことのできないメタルバイブレーション。

飛距離も十分、ただ巻くだけでもドッカン!という、日中に衝撃バイトが味わえるのがメタルバイブの魅力!

そんなシーバス専用メタルバイブで、エバーグリーンから発売されている「アイアンマービー」に、コンパクトサイズの「アイアンマービー55」がこの夏、リリースされたんですが、その「アイアンマービー55」のプロデュースした小沼正弥さんによる詳しい解説が、エバーグリーンのホームページにアップされています。


 

 

タフなシーバスの食性に強く訴えかける55ミリのコンパクトサイズでありながら、考え抜かれたボディ形状とコンパクトヘビーなウェイトバランス、抜群に安定した飛行姿勢により、クラス最強の飛距離を実現。どなたでも簡単確実に遠投することが可能です。

その圧倒的な飛距離により、スモールルアーでは今まで届かなかった沖のポイントや遠くのナブラも楽々攻略。また、沈下速度が速く浮き上がりも速いため、水深10m程度の深場から水深1m程度のシャローポイントまでトレースすることが可能ですから、当然ヒットチャンスはこれまでより大幅にアップします。

さらに、とことんこだわったのがキレ味鋭いアクションセッティング。テール部を細くシェイプ、鉄板の厚みも強度が許す限りなるべく薄くし、集魚効果の高いキレキレなハイピッチウォブロール&ハイフラッシングアクションを実現。喰わせ効果の高い小さなボディサイズながら広範囲からシーバスを惹きつけることできます。

出典:エバーグリーン

なるほど、タフなシチュエーションや、シャローレンジにも対応。

小さいながらもハイアピールで、シーバスにアピールするということですね。


■ 使い分けてさらなる釣果! 前後2つのラインアイ

そして、大きな特徴としてはラインアイが2つあること! 前後どちらのアイにスナップを接続するかによってアクションの質が変化するようセッティングしました。

それにより、なんとイワシパターンとイナッコパターン両方に完全対応。イワシパターンで良く釣れるルアーはイナッコパターンには弱く、その逆もしかり……というのが普通ですが、アイアンマービー55なら1つのルアーでより幅広い状況に対応可能です! ぜひその時の状況に応じてアイを使い分けてみてください。

出典:エバーグリーン

標準のフロントアイは、水平に近いスイムアクションで、細かいピッチ。ベイトがイワシやアユの時に効果的だそう。引き心地も軽くて、ストレスフリー。

リアアイの方は、立ち気味の姿勢でワイドなアクション。フロントアイよりも引き抵抗が少し大きくなるが、より強い波動を発生。ベイトでいうと、イナッコの時に効果的。また、濁り時にも対応してくれます。


■ 基本はタダ巻きでOK! 操作方法&タックルセレクト解説

さて、操作方法についてですが、誰でも簡単に使いこなせるようにと、タダ巻きだけでバッチリ釣れるようセッティングしてありますので小細工や難しいテクニックはまず不要! 基本操作は1度ルアーをボトムまで着底させてから、ハンドル1秒1回転のスピードでタダ巻きするだけでOKです。

そして、デーゲームの常套テクニックでもある『高速巻き』にも完全対応します。この高速巻き、実はルアーのスイムバランスの良し悪しが釣果に直結するテクニックで、ボディが斜めに傾いたり、泳ぎが破綻すると本当に釣れない! その点アイアンマービー55は超速く巻いても釣れる泳ぎを確実に演出してくれるようキッチリセッティングしてあるので安心してお使いいただけます。

出典:エバーグリーン

オヌマンのオススメロッドは同社のシーバス専用ロッド「ゼファー・アバンギャルド」シリーズの2モデル。

誰もが簡単に扱えて、それでいてタフな状況でも釣果を叩きだす「アイアンマービー55」。

ベイトがたくさん接岸する秋のデイゲームシーズンにもってこいのアイテムですね。

この小沼さんの解説を参考に、ぜひフィールドでお試しくださいね!