ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

韓国で大ブーム!イイとこ取りのボトム系リグ「フリリグ」って知ってる?

フラッシュJバグ2尾目_MG_0530

フリリグって聞いたことがありますか? フリリグとは、フィッシュアローの松本猛司さんが昨年に韓国の国際オープントーナメントに参戦している、フィッシュアロースタッフのパクさんのボートに同船した時に話ははじまります。そのトーナメントで韓国で大流行中という「フリーリグ」の威力を目の当たりにし、もちろんそのトーナメントの上位もフリーリグが独占。これは日本でも十分通用する! と確信した松本さんは、フリーリグをフリリグと命名し、昨年から日本のフィールドで試しマクり、専用シンカーも開発。ちなみにソルトでも相当使えるリグだそう。


FAフリリグシンカータングステン(フィッシュアロー)

_MG_0514_MG_0517

小口径のステンレス製ローリングアイを採用した、フリリグ専用タングステン製シンカー。5、7、10、14、18㌘のサイズ展開。ウエイト表示もあって便利。Feco認定


_MG_0436r-1

※分かりやすいようにラインに色をつけています

で、具体的にどのようなリグなのかというと、縦長形状のシンカーをラインに通すだけという、超簡単なリグ。キャスト時はワーム側にシンカーが付くので、飛行姿勢も安定、飛距離もでる。そして着水後はシンカーが先行して沈むため、ワームはノーシンカー状態にナチュラルにフォール。しかもボトム感知能力が高くて、根掛かりがしにくい。

フリリグのボトムでの状態


 
まさにキャロとパンチショットリグのいいとこ取り! しかもリグるのが超簡単なのがウレしいですよね。立木や地形変化などのボトム狙いに超有効なフリリグ、ゼヒ試してみてくださいね~。