ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【完全密着】秦拓馬10年ぶりノーマークのリザーバーを1日かけて攻略!そのアプローチに迫る!

先日からお伝えしている秦拓馬氏監修のプロトルアーの数々。ドーン1ozマグナムドーン(仮)ダンクル5inchといったヨダレモノのプロトモデルたちなわけだが、今回はそんなルアーたちを引っさげて、奈良県のリザーバーである風屋ダムで実釣をすることとなった。

Still008

実釣はまだまだ夏の暑さキビしい8月。俺達。的に約10年ぶりとなる風屋ダムは、前夜の大減水(3mほど)により魚の付き場は不明。さらに前情報ナシという状況の中でのスタートとなった。

そんな中、俺達。が見せてくれたのが、リザーバー攻略のキモともいえるエリアを区切ってバスを探すアプローチ方法。下流、上流を一気にチェックして状況をハアクした後、中流から魚影の濃かった下流にマトを絞ってバスを追い詰めていった。リザーバー全体を手早くハアクすることで、短い時間でバスにアジャストさせるわけだ。

Still009

そこで活躍したのが、サーチ能力にスグれた巻きモノ。表層系をナチュラルかつインパクトのあるアクションで誘う「ダンクル5inch」、中層から下のレンジをメインに、フラッシングと波動で誘う「ドーン1oz」。

さらに巻きモノに反応はあるものの、追いきらない場合には「フリックカーリー7.8inchのダウンショット」や、止めて食わせの間を与える「Dビルシャッド」をシチュエーションに応じてローテーションしながら次々にバスをキャッチしていった。

_MG_3583

この様子は、できたてホヤホヤの動画でご確認いただけるので、ゼヒ俺達。の一挙手一投足をとらえ、リザーバー攻略の1つのノウハウにしてもらいたい。