ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

オヌマン監修のバヒッド80にニューカラーが追加

シーバスフィッシングで誰もが経験のある「厳しい状況」。

激戦区のハイプレッシャーであったり、ベイトがいるのに反応しない、手も足も出ない…

そんな状況時にオススメなルアーが、バークレイから発売されている。「バヒッド80」。

職業釣り師オヌマンこと、小沼正弥さんプロデュースのルアー。

ハードルアーに反応しない渋く厳しい状況を打破してくれるのがワーム素材ソフトシンキングペンシル『バヒッド80』。本物の小魚やバチに似せた『ハードルアーとソフトルアーの中間的』なルアーで、本物のベイトフィッシュ(小魚やバチ)に近いアクションを追求したシーバス専用のスイムベイトです。ソフトベイト素材だけにリトリーブスピードや水流の変化により、上下、左右、さらにはボディのネジレの動きまで予測不能な泳ぎをみせます。ハードルアーでは表現できない複雑で滑らかなアクションは、人的プレッシャーの強いポイントのスレきったシーバスや『バチ、アミ、シラス』等に偏食しハードルアーに振り向きもしなかったシーバスをも迷わずバイトへと持ち込みます。

出典:ピュアフィッシング

■特長
ハードルアーに反応しないエリア(港湾部、都市型河川、河口、干潟、漁港、サーフ、小磯)でしたらどこででも大丈夫です。柔らかいソフトベイト素材だけにナチュラルな動きと引き波で食わせるルアーですので、マッディよりもクリアな場所が適していますが、水深が浅い場所ならマッディでも問題はありません。シャローランナーミノーのように表層で使うのがベストです。
ワームならではのソフト感は、本物のベイトの波動に近いため警戒心の強いスレたシーバスもバイトしてきます。しかもソフト素材だけに吸い込みも抜群です。さらにハードルアーでは対応できない『クルクルバチ、アミ、シラス、小イワシ、ハク』などの小さいベイトに偏食しているときにも有効です。
さらにハードルアーが苦手としている夜光虫が発生した時のナイトゲームも得意としています。
一番効果的なのはクリア、濁りに関係なく視覚が効く風のないベタナギの日です。
なによりも素材が柔らかいためブツけやすい橋脚やストラクチャーなどの狭いエリアにルアーを投げ込むのも可能です。ルアーの破損を恐れずに積極的にキャストができます。

出典:ピュア・フィッシング

ウエイトは約8g。カラーラインナップはシーバスフィッシングにドンピシャの全10色だったが、この秋に小沼正弥さん監修のもと、新しい2色が登場するぞ!

EAYU(小沼アユ)
リバーシーバスのスタンダードカラーで、ナチュラルとアピールの中間的カラー。河川で悩んだらこのカラーを投げたら間違いなし!特にアユを捕食しているシーバスと白濁の濁りに効果あり!

出典:ピュア・フィッシング

CHPB(チャーピンキャンディ―)
ナイトゲームのスタンダードカラー。常に携帯しておきたいカラーのひとつ。特に水質がキレイなエリアでのナイトゲームに効果あり!

出典:ピュア・フィッシング

バヒッド80解説動画