ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

釣れるフロッグはラビットファーが必須!? 村上晴彦がラビットファー付きの「バグフロッグ」を超解説-バグフロッグ実釣動画も配信スタート

夏といえばカエル!フロッグ攻めが楽しい季節ですよね!

ってわけで、ルアーニュースRではフロッグの実釣ロケを行うことに!

実釣役で登場してもらったのは、あの村上晴彦さん!

で、当日、村上さんが使ったフロッグが、村上さん自身が開発したバグフロッグ

荒編-つめ.Still031

現場で、バグフロッグについては、村上さん自身にいろいろ聞いてきたので、ここではそれらの情報を大放出します!


まず、バグフロッグの特長だけど、最大の特長なのは…。

テールに、ゾンカーと呼ばれるラビットファーが採用されている点!

荒編-つめ.Still021

荒編-つめ.Still032

村上さん自身、フロッグを作るにあたって、シリコンのラバースカートなんかも試したみたいだけど、ラビットファーが圧倒的に釣れたんだって

しかも、一度水につけると、毛がぺったんこになって、空気抵抗がなるなるので、超遠投が効くのも、ラビットファーを採用した大きな理由になっているそうな!

もちろん、着水後はなまめかしく、毛がフレアーして、バスを誘ってくれる!


あと、このバグフロッグって、村上さんのこだわりで、形状やシルエットがフロッグではなく、ムシイメージとのこと!

村上さんいわく…。

荒編-つめ.Still054

ボディ後部はカブトムシのサナギぐらいのシルエット&ボリューム!

ボディ全体のデザイン、シルエットはグソクムシ!

あと、目とか顔つきは、タガメなんだって!


で、さらにバグフロッグの特長なのは、口の部分がハーフカップになっていること。

これによって、ドッグウォークさせた時にいい感じでバブルを発しつつ泳いでくれるんです!

荒編-つめ.Still035


あと、フックは掛かりのよさで完全な特注品となっているよう!

荒編-つめ.Still034


基本アクションは2つあって、泡をだしながらのドッグウォークとタダ巻き!

バグフロッグは自重が1/2オンスほどあって、重ためなので、ヒシモなどの上をイイ感じでタダ巻きすることができますよ!

荒編-つめ.Still023 荒編-つめ.Still022

 

バグフロッグについては、現場で動画もガッツリ撮ってきたので、そちらも見てくださいね!