ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【タイラバ新時代】エバーグリーンからタイラバ専用ロッド「ポセイドン・スパリッドマスター」登場

タイラバゲームといえば、タイラバを落として巻き上げるだけで、特に難しいアクションも必要なく、マダイやその他美味しいターゲットが釣れちゃう、誰もが楽しめてしまう釣り。

基本的にはアワセも必要がないのですが、タイラバゲームがどんどん進化するに従い、従来のアワセを必要としないスタイルと、その逆の、積極的に掛けていくタイラバのスタイルも登場。簡単なようで、実はとっても奥が深い釣りで、タックルも日々進化。全国的にも非常に注目度の高い釣りといえます。

そんなタイラバゲーム界に新星登場!

エバーグリーンのタイラバ専用ロッド「ポセイドン・スパリッドマスター」。


元来の漁具がルアー釣りとして進化し、様々な地域に浸透するタイラバゲーム。何となく乗っている、知らずに掛かっている、アタリはあるがはじかれる、バレやすい…。鯛を魅了するタイラバではありますが、一方、確実にフッキングに持ち込むことが難しく、そのゲーム性がのめり込む要素の一つとも言えます。

我々が提案するタイラバゲームは 乗りの良さの追求では無く、「掛ける」というアグレッシブなスタイル。感じて掛ける感度と張り。魚が掛かると柔軟にしなり、4軸クロスで受け止めリフトする。釣れたでは無く、釣ったという達成感を楽しめる攻撃型ロッド、それがスパリッドマスターです。

出典:エバーグリーン


ロッドを監修したのは、香川県高松市の遊漁船・ポセイドンの船長・林裕士氏。

■林 裕士 (はやし ひろし)
エバーグリーンソルトチーム・プロスタッフにして、香川県高松市の遊漁船「POSEIDON」の船長。島々が点在し複雑に潮流が変化する瀬戸内で、繊細かつ大胆に鯛を攻略する手腕の持ち主。積極的に掛けるスタイル、攻めのタイラバを提唱。

出典:エバーグリーン


現在発表されているラインナップは、6.8ftのUL/MLアクションのベイトモデル1機種と、同じくスピニングモデル1機種。

ともにソリッドティップ、バット部4軸クワトロクロス採用。

Fujiのチタンフレームトルザイトリングガイド、ベイトにはブランクスタッチ方式Fuji ACSリールシート、スピニングにはFuji VSSACSリールシート搭載。

グリップ着脱式のセパレートグリップに、オリジナルグリップエンドプレート。

細部にマダイの綺麗なピンク色を表現したピンクのメタルパーが施された、洗練された美しいデザイン。

詳細な製品ページは近日公開予定とのことですが、タイラバファンにとっては楽しみな1本になりそうですね!

●Length:6’8″ ●Power:U-Light/M-Light
●Lure:40〜80g ●PE Line:0.5〜1.2
●¥60,000(税別)
製品ページは近日公開予定

出典:エバーグリーン

●Length:6’8″ ●Power:U-Light/M-Light
●Lure:40〜80g ●PE Line:0.5〜1.2
●¥59,000(税別)
製品ページは近日公開予定

出典:エバーグリーン