ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【オカッパリにぜひ】新機軸スイムベイトが秋リリース予定

2016年はスイムベイト戦争なのかっていうぐらい様々な個性的、かつ斬新なスイムベイトがリリースされているが、また新たなスイムベイトが完成に至った。そのスイムベイトが、デプスからリリース予定の「ラドラビット」。

_MG_3162 ラドラビット ノーマルガード抜き右向き

ラドラビットを製作したのは、デプスプロスタッフ・コザッキーこと小﨑圭一朗氏。地元の愛知県をはじめ、様々なフィールドを独自のオカッパリ理論で攻め抜き、驚愕の釣果を叩きだす、もってるオトコ。つい先日もロケでリザーバーと野池で独自のオカッパリ攻めを披露してくれたのだが、その時にメインで使用したのが、オカッパリ特化型スイムベイト「ラドラビット」なのだ。

_MG_3137a_MG_3133a

_MG_3127a

もっとも特長的なのが、ボディ両サイドにセットしたフィン。立ち位置やトレースコースが限られるオカッパリにおいて、足元までチェイスしたけどスロー巻きしたら沈みすぎて見切られた、テールが動かなくなって見切られた・・・なんてことを経験されたこともあったはず。その苦い経験を元に、スロー巻きでも自重で沈みすぎないようにボディを浮かせるパーツとして様々な角度や形状のフィンをテストしてベストなサイズ&形状に到達。そして当然、水つかみのよいテール形状や細さも洗練され、コザッキーが求めていたアクションに辿り着いた。さらに、フッキング優先の極細ワイヤーガードを装着しているが、オカッパリにおいて必要最低限のスナッグレス性能を持たせるためで、ライトカバーや軽いレイダウンであれば軽くコンタクトさせることで、なまめかしいヒラを打たせて回避してくれるシロモノだ。

_MG_3177a

このラドラビットのラインアイは標準ポジションと、さらにスローに引けるポジションの2アイ仕様。少しレンジを落としてトレースしたい時は、ワンタッチでセットできるリーダーレスダウンショット用シンカーもセット可能。

持ち込める荷物が限られるオカッパリにおいて、1つである程度のシチュエーションをカバーできる寄せと食わせを両立したスイムベイト、それがオカッパリ特化型スイムベイト「ラドラビット」だ。

発売はまだ先だが、秋頃にはリリースを予定しているそうなので、要チェック!!

コザッキーのラドラビット解説&実釣力はコチラの動画でご確認を!