ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今週の琵琶湖はこう釣ろう!【琵琶湖リサーチまとめ(7月22日収録分)】

本サイトの動画チャンネル、Youtube「ルアーニュースTVチャンネル」の人気コンテンツ「琵琶湖リサーチTV」はご存知でしょうか。

このコンテンツ、分析大好き系琵琶湖プロガイド・平村尚也氏がその時の琵琶湖の状況報告と見通しを解説してくれるチョ~便利な動画なのですが、最新収録分が公開となりましたので内容をかいつまんでお届けします。


SnapCrab_NoName_2016-7-22_14-21-18_No-00

梅雨明けし、高気圧が張り出しているが、日本海側からの高気圧の影響で、午後には必ず北風の強風が吹く琵琶湖。特に北湖では突風となることもあるので、注意が必要。


SnapCrab_NoName_2016-7-22_14-31-32_No-00

南湖は夏パターンで好調に釣れており、トップウォーターやギル型ビッグベイトが好調。

これ以上に反応がよかったのが、ウイードの中を釣るパンチショットリグで、50cmUP2ケタの釣果もでていた。


水温は28度、水位はマイナス21cm、放水量は150t/s。

放水量が150t/sから15t/sに下がったことから、南湖南エリアではアオコが発生しそうな気配。

水、ウイードともに状態のよいポイントを探すことがキーとなりそう。


具体的には、メインチャンネルを中心とした両サイド。

赤野井、アクティバ、下物、ヤマハ~井筒、六本柱南の北山田寄りの、各アウトサイドで釣れている。

SnapCrab_NoName_2016-7-22_14-39-58_No-00

これらのエリアでは、ライトリグを使用すれば1日30-80尾の数釣りが可能。


赤野井沖、旧草津川沖の六本柱北、北山田沖、におの浜~浜大津のカナダモエリアでは、ヘビーテキサスによるパンチショットが有効。

カナダモの釣りはサイズはよいが、数釣りは期待できない状況。

SnapCrab_NoName_2016-7-22_14-45-8_No-00

数のウイードアウトサイド、サイズのカナダモエリアといった図式。

現状は南湖北エリアは水の状況は悪くないが、放水量が低いので、今後注意が必要。

というわけで、次回配信は7月29日予定です。