ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

菊元俊文プロデュースの巨大ウェイクマジックが登場か!?

水面から水面直下攻めでデカバスを呼ぶウエイクプラグとして定番の「ウェイクマジック」

01尾目ウエイク-10

 

ウェイクマジックは水面をウネウネと引くもよし、ストラクチャー周りでリッピング&ポーズで攻めるもよし、流れの中で止めておくだけのオートマチックプロッピングなどで使うもよしのルアーですよね!

ルアーニュースRの取材でもこれまで多くのバイトシーンを撮影させてもらってます!

 

いくつかのロケではストラクチャー周りでのリッピング&ポーズが一番ヒットが多い気がします。

ちなみに「ウェイクマジックのリッピング」のやり方を説明すると、まずはキャスト。そしてアクションをはじめるまでに余計なラインスラックをとっておく。そしてロッドを下向けにして、そこそこ、やさしめにロッドでアクションをつける。すると、ウェイクマジックは泡をだしつつ、身をよじりながら15㌢ほどダイブ。その後、ジワーっと水面に浮上し、プカリと浮くという流れ。
浮いた後はポーズを入れるのだが、ポーズ時間は状況、水深によってほとんどとらなかったり、かなり長くしたりといろいろなポーズ時間で誘っていた。そして、このポーズまでをアクションの1セットとして、1キャストで2-3セット行うという感じ。ちなみにバイトはダイブ後の浮上中やプカっと浮いた瞬間が多いです!

7尾目ウエイク04

流木そばにキャストしてリッピングさせるとバイト!

 

 

 

01尾目1 7尾目ウエイク10

ちなみに過去ロケの動画はコレ!

 

で、先日、菊元俊文さんの実釣ロケを行った時に、そんなウェイクマジックが巨大化したようなルアーを見てしまったんです!

それがコレ!(下写真上がそれ、下はオリジナルサイズのウェイクマジック)。

IMG_5796

通常のウェイクマジックのサイズは10.5cm・15.0g。

それと比較するとデカウェイクマジック!?は18cmぐらいはある感じ!

ちなみに、菊元さんに商品化するのか? を直撃すると、「昔、ウェイクマジックを作ってた時に、同時ぐらいに作ってたヤツなだけやで! たまたま今回、それをボックスに入れてきただけやし」とのこと。

 

いやぁー記者的にはぜひ製品版としてだしてもらいたいです!!