ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

発売されたばかりの一誠のG.C.ワカペンの特長とアクション法を村上晴彦が自ら動画で紹介!デカバスヒットシーンあり

発売されたばかりの一誠の新作ペンシル「ワカペン」。

IMG_5035

 

ワカペンという名前はワカサギ的なシルエットのペンシル!ということころから!

サイズは90mm10g。

特長はマウス部が水や泡を噛む小さいカップになっていることと

けっこう細長いウエイトルームをウエイトが移動できるという誘導式になっていること。

クチup

内部イメージ

浮き姿勢は垂直気味で、その時はもちろんウエイトはテール側、でアクションさせた時にこのウエイトがけっこう動くということで

イレギュラーなアクションがでやすいという特長があります。

村上さんが一番多用するアクションは川などで、小刻みに連続トゥイッチアクションをいれ、少しダイブさせて、表層でドッグウォークさせる攻め。

そうすると時おり水面から飛び出す!的なアクション!がでるんです!

でも、実際、どんなアクションか分かりづらいですよね!

 

ちなみにあとルアーニュースR編集部もも少し前にワカペンの実釣動画をしました!

それがこちら!

ぜひ現場で試してみてくださいね!