ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【根ズレ上等!?】ロックフィッシュゲームでのキャッチ率を大幅にアップできるラインセレクト!

この夏、かなり盛り上がりそうなのが、ライトロックゲーム!

実は、キジハタやオウモンハタの生息域がどんどん広がっているというウワサ!? もあり、いろいろなエリアでキジハタ(アコウ)、オウモンハタ、アカハタ、カサゴ(ガシラ)、アイナメ、ソイなどなどを狙った夏のショアゲーム(オカッパリ)が楽しめそうな様相ですね。

釣り味も食べ味も最高ですから、そらぁ盛り上がりますよね。

で、実は先日、この釣りの第一人者のお一人でもあるオーリーこと、折本隆由さんのロケに行ってきまして色々とロッキン話をお伺いしてきたのですが、満載過ぎたロッキンネタの中でも釣果をかなり左右するであろう重要なラインセレクトについての話題を、ここではお届けします。

 

2

ライトロックゲームは「ライト」と冠しているので軽〜いイメージを抱きますよね。

確かにライトなタックルで、そこまで太くないPEラインというスタイルが主流で、いろいろ軽くて最高なんですが、いっても狙う場所はロック、海中に沈む根周りなどになることもしばしばです。

ですから釣れるロックフィッシュのサイズはライト気味だったとしても、根ズレという事象に背を向けるのが難しいのも事実。

例えばバイトを上手く捉えられたり、上手く食い上げさせられたりして、根から少しでも離れた場所からロックフィッシュたちとのファイトがスタートしたのなら、あまり問題はないのですが、さまざまな理由でフッキングのタイミングが遅れてしまうこともしばしばです。(海の美しさ偉大さの前に放心状態だった…あまりの小気味よいバイトに惚れ惚れし過ぎた…などなど、フッキングが遅れる理由ならゴマンとありますもんねw)

そうなると、根の中にロックフィッシュが入った状態からファイトがスタートとなるのですが、従来のいわゆるPEラインは、正直、根ズレにはあまり強くはなく、むしろ傷がつくと意外なほどあっさりラインブレイクしてしまうこともあります。

つまり、せっかくバイトさせたのにキャッチできないということも少なからず起こってしまうのです。

では、ライトでなくヘビーに、ラインを太く(フロロラインの太いの投入とか)、タックルもゴッツくとなると感度の面や飛距離も変わりますし、何より面白みや趣きが変わってしまいますし…と、これって「ライト」ロックゲームの根幹に関わる問題じゃないか!

で、そんな大変な問題のかなりの部分を解決した(と、折本さんは確信している)のが、折本さん超推しライン、Armored® F+ Pro ロックフィッシュ(アーマードフロロプラス・プロ・ロックフィッシュ)なんです。


出典:デュエル

このライン、すごーく簡単にいうフロロカーボンとシリコンで表面を強化加工してあるPEラインです。

名前通りのアーマードな感じですね。

▼詳細は以下の通りですが、これにより、非常に扱いやすく、何より根ズレにとにかく強いとのことです。

 


ウルトラPE×フロロカーボン×シリコン
スレに強い! 摩擦に強い!

スレに対する耐久性が従来PEラインに比べ約2倍
ハード樹脂加工により、一般的なPEラインに比べ、スレ耐久性2倍。
ロックフィッシュを根から一気に引きずり出す高強度、耐摩耗仕様。

出典:デュエル

折本さんいわく、このラインを使用し始めたことをキッカケにロックフィッシュのキャッチ率は大幅にアップ(特にショアからは歴然とのこと!)したそうです。

たしかに理にかないマクったラインセレクトですよね。

というわけで、ライトロックゲームをやってみようとか、根ズレ問題が気になってたというアングラーは、ゼヒ、一度お試しください。