ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

エグシュンの沈み虫ルアー「ヤゴォォォォン」を紹介! ネーミングセンスとムシ愛がスゴい!

ムシ系シーズンはじまってますねぇ!

ってわけで、今回は昨年ジャクソンから発売された江口俊介さんプロデュースのムシ系ワーム2種を紹介!

 

名称未設定 2

出典:ジャクソン




その2つとは

「ヤゴォォォォン」

KAERA_MAIN

出典:ブログ Qu-on江口の独り言




「ムシィィィィン」という2つ。

うし

出典:ブログ Qu-on江口の独り言

 

Wao!なネーミング!

なかなかこんなネーミングってつけれないものなので、エエなぁと思います!!

 

そういえば少し前に、チヌゲーム系で武田栄さんが「チヌ釣るやつ」っていうネーミングのモノもだしていましたねw

 

さて、話を戻してここでは2つの新型ムシのうち、詳細が明らかになりつつある「ヤゴォォォォン」について詳しく紹介!



まずこの「ヤゴォォォォン」ですが、ムシとはいっても浮く系ムシではなく、

「沈むムシ」というのが最大の特長!

江口さんが「ヤゴォォォォン」を作ろうとしたキッカケとなったのが「イモラバ!」との出会い。
いわゆるイモ(ゲーリー4㏌グラブのテールをカット)にラバーを刺すチューニングのことだけど、トーナメントであまりの効きっぷりに感動したよう。

そしてそのイモラバ系に対する江口さん的愛!?が形にしたのが「ヤゴォォォォン」のよう。

ちなみにラバーチューニングってめんどくさいですけど、最初からラバーチューンされている商品ってやっぱうれしいですよね!!

そのへんの思いも「ヤゴォォォォン」に入っているようです!

 

で「ヤゴォォォォン」にラバーがついている理由はというと…。

 

・ラバーの抵抗により、フォールスピードが遅くなる。

・フォール中に動かないボディーに対し、パーツ(ラバー)のみがプルプル動く事。
(シンキングスィッシャーの、ボディーが動かないのにぺらのみ高速回転している!あの原理に近い!?)
・ボディー(高比重ワーム素材)と、パーツ(シリコンラバー)の素材差が生む波動の違い。

出典:ブログ Qu-on江口の独り言

 

とのこと。

 

ただ、風とか波とかが気になる、飛距離をだしたい! 早く落としたい時などは

ネイルシンカーをボディに挿入するのもアリとのこと

たんぐす

出典:ブログ Qu-on江口の独り言

 

faga

出典:ブログ Qu-on江口の独り言



リグはノーシンカーがオススメのようで江口さんの推奨フックは

リューギ・インフィニホビット♯2とのこと。

名称未フック

出典:ブログ Qu-on江口の独り言

 

あと、サイズに関しては約4cmとのこと。

やや小さいけど、これはそれまでの経験からリアルに使っていたのが、このサイズ感で

そのあたりはゆずれなかったとのこと。ボディも細身だし、食いはよさそうですよね!!

ffafa

出典:ブログ Qu-on江口の独り言

 

 

 

 

江口さんの基本的な使い方は…。

バスのいそうな場所に投げて着水後から放置!ひたすら放置!が一番とのこと

基本的に「フリーフォール!」で力を発揮するルアーとのことなので、着水後に放置するのがイイとのこと

ちなみにその際、フォールさせる時はラインスラックを作ってフリーフォールさせるのがキモとのこt。

 

 

あとはボトム着底後も少し放置するか、少しズル引きしてみるかぐらいでOKとのこと!

 

 

 

 

「ヤゴォォォォン」に関しては江口さん自身がブログであつーく語ってるので

要チェックです!!

出典:ブログ Qu-on江口の独り言