ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

イカメタルイベント情報

日中は太陽が照りつけると夏のような暑さですが、夕涼みは気持ちのよい季節。

そんな季節に楽しめる釣りが、近年様々なエリアでブレイク中のイカメタルゲーム。

写真は昨年夏に福井県小浜沖で撮影。イカ先生こと富所潤さんと隼華メンバーらとイカメタル実釣。

_MG_6273

イカメタルゲームとは、ボートで鉛製やタングステン製のスッテ(通称メタルスッテ)を使って、ケンサキイカ(地方名マイカ、シロイカ)やスルメイカなどツツイカ系を狙う釣りで、ここ数年でどんどん進化しているジャンル。

_MG_0674

ブームに火が着いた頃は一つスッテゲームといって、1つのメタルスッテを使って釣る方法が王道でしたが、最近ではメタルスッテ1つ+小型エギもしくはウキスッテ(オモリの入っていないスッテ)を使うのが主流。要は、ブラックバスでよく使われるダウンショットのようなリグで狙うのが一般的になっています。

そして、狙う時間帯。夕方から夜の半夜(だいたい17時や18時出船、22時~24時帰港)で、場所によっては深夜便や、日中に狙うこともありますが、夕方からの涼しい時間帯ということで、気持ちよく釣りができるのです。

釣り方は簡単。イカのいるタナにリグを落として、誘いを入れるだけ。疲れるアクションもないし、誰でもすぐにできちゃうのが魅力。アタリの判断も簡単。ロッドティップが入ったり、テンションが抜けるようなアタリがあるので、それを目で見て掛けていくのみ。その掛けた感が楽しく、ハマる人が続出中。

20150722193643(1)

で、なんといってもケンサキイカは数ある種類のイカの中でも一番だという人も多く、大変美味!簡単で楽しい、それでいて奥が深い、魅力的な釣りなんです。


そんなイカメタルゲームですが、やってみたいけどまだチャレンジしたことがない人や、もっといろんな釣り場で楽しみたい!みんなでワイワイ釣りをしたい!という人にオススメのイカメタルイベントをご紹介。


7月9日(土)和歌山県白浜沖で開催される「メタルDEナイト」(KAPA合同企画)

開催場所はフィッシャーマンズワーフ白浜(和歌山県西牟婁郡白浜町)。ゲストは富永彩子さん、ゆいぽんさん、菊池雄一さん。

参加費は11000円で、募集人数は50名。

申込方法は、イチバンエイトグループのHP内でダウンロードするか、和歌山県田辺市、和歌山市、大阪市の一部の釣具店ほかで配布中の専用申込用紙に必要事項を記入、FAXにて送信(0739・45・0804)。申込締切は6月25日(土)必着。


7月30日(土)に和歌山県田辺市内之浦港出船のオフショア船・サウスカレントにて開催される「メタフェス」。ゲストは隼華メンバーの萩原香さん、山村祐子さん、大野寿美さん、藤原愛美さん。

参加費は13000円で、募集人数は40名。

参加者全員にメタルスッテのプレゼントや、イカメタル用ロッドの無料レンタルもあり。

申込はサウスカレント(090・2070・0004)まで。


どうですか?みんなでワイワイ楽しめるイカメタルイベント。興味のある人はぜひ!