ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【魚を活かす魚活系アイテム】何気に欲しくなった超便利なスカリはコレ!

魚を釣ってキープし、少し持ち帰りたい時といえば、冷やすためクーラーに入れるのが一般的。さらに鮮度を保つには、血抜きしたり、神経締めしたり手段は様々。でも、これって慣れてないと意外と手間が掛かるのです。帰る直前なんかに釣れた魚であれば新鮮なまま持って帰れそうですが、自然が相手の釣り。そんなに毎度毎度うまくいかないのが本音。そう考えた時に持っていると非常に便利なのが「スカリ」と呼ばれるモノ。

 

ヘラ釣りや小物釣りとかで使うビクのようなモノで、サイズもそこそこ大きくて、容量も十分。ものによっては上部にフロートが付いていて水面に浮かして魚を活かすことができるアイテム。

持ってる人も多いと思いますが、アミが磯や岸壁に引っかかって破れたり、魚のヒレが引っかかることもある。あと、お世辞にもスタイリッシュといえない外見で、ルアーマンは敬遠している部分があるような気もする。ただし、低価格で財布に優しいグッズでもある。

そんなスカリで非常に気になったモノがある。それが、双進・リバレイから発売していた「レッドレーベル・RLスカリⅡ」。

 

取材時にタチウオワインドでおなじみ「オンスタックル」の釣り担当「うらら」こと浦満晴さんが持参していたモノで、溺愛を通り越して偏愛するロックフィッシュを狙う時に必ず持ち込んでいるアイテム。

_MG_6823a_MG_6853a

なぜ一般的なスカリではなく、コレを使っているのか聞くと、元々はフローター用のライブウエル的なものとして発売されていたため容量も浮力も十分。投入口もロクマルなど大型サイズが余裕で入る大きさで簡単に開閉できる。さらに、アミの部分はPVCメッシュで破れにくく、浦さんいわく、魚を出し入れする時に途中で引っかからないのが便利らしい。さらに型崩れしないうえ、濡れても乾くのが非常に早いとのこと。そして、何よりスタイリッシュ! さらに定価でだいたい5000-6000円と比較的購入しやすい価格だったらしい(一時は在庫処分? で超格安な時もあったそうな)。

_MG_6850a _MG_6796a _MG_6836a

浦さんは元々付いていたベルト等を外して手持ちのロープを水汲みバケツ用のロープに変更し、途中に短い塩ビパイプを数個通して(㊦写真参照)、重くなったコイツを水中に入れる時、重量によるロープの摩擦熱で手の平をヤケドしないようチューン済み。

_MG_6828a_MG_6465a _MG_6810a

特にこれからの時期の日中はバケツやバッカンに水を入れていてもすぐに水温上昇するため、なんとなく入れていた魚へのダメージも深刻。それに、魚だけじゃなく、飲み物系を入れておいても適度に冷やせる。そんな時はコイツをはじめとする進化系スカリが役立ちます。海でも川でもリザーバーでも、野池でも頑張れば使えるはず(キレイな所ね)。

ここまで語って、1つ問題が・・・。この商品はすでに廃盤で、現在は作られていないのです。本来はフローター用だけあって、やっぱりユーザー層が狭すぎたのか? フローターアングラーって思いのほか多いけどね・・・。

もし在庫があって売っている所をご存知の方、購入して使ってみては?