ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バス釣りのスピニング-PE使用のススメ-村上晴彦さんの使用率は何と95パーセント以上

バス釣りでスピニングタックルを使う場合、どんなラインを使ってます。

人それぞれ、いろんな状況や釣り場のタイプなども違うし、好みもあると思うけど、一番多く使われているのはたぶんフロロだと思います。

だけど、あの村上晴彦さんは何とスピニングでのPEライン使用頻度が95パーセントになるそうです。

シーケンス 01.Still005

理由は色々な利点があるため! 元々、村上さんがスピニングを使うようになったのは琵琶湖での釣りで2つの欲求があったからなのだそう。

1つは遠投したい! そしてもう1つは遠投してもしっかりフッキングを決めたいという理由からとのこと。

PEを使い始めて最初のうちは、ラインがバサついたり、トラブルも多少あったようだけど、次第に扱いに慣れてきて、マイナスに感じることがほとんどなくなって、今は何とスピニングタックルでのPE使用率が95パーセントを超えるようになったとのこと。

まだPEラインの導入を迷っている人がいたら、チャレンジしてみるのもアリだと思います!!

あとPEラインとリーダーの太さのバランスは、村上さんの場合はメインPEが1に対してリーダーは2の太さを基準にしているとのこと。例えばPEが1号ならフロロリーダーは2号ってな感じ!

 

 

なお、村上さん本人にスピニングでのPEライン使用について動画で語ってもらったので、気になる人はチェックしてみてね!