ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

弱くて強い注目の表層系プラグ「レイダウンミノー・ウエイクプロッププラス」が、ノリーズから新登場!

さまざまな釣り方、パターンがあるのがバスフィッシングの醍醐味だろう。でも、その中でも最も楽しいのが水面系、表層系の釣り方。今年もすでに各地でスポーニングから回復しだした個体が表層系ルアーに反応し始めている。まさに最高のシーズンがもう間もなく始まるのだが、そんな折、ノリーズから、かなり気になる表層系プラグが登場した。

それが「レイダウンミノー・ウエイクプロッププラス」。

1

出典:ノリーズ
 このプラグ、名前からしてセンスフルなのだが、要するに名前の通り(笑)で、そういうことのよう。
つまり、昨年発売されてその連続水面微波動アクションで水面をざわつかせマクった人気表層系プラグ「レイダウンミノー・ウエイク110プロップ」のプラスモデル(パワーアップモデル)という位置づけのプラグなのだ。

では、何がプラスかというと目につくパーツでは2点。

▼まずはリップ。左が「レイダウンミノー・ウエイクプロッププラス」、右が「レイダウンミノー・ウエイク110プロップ」。ワイドなリップが搭載され、ロールがかなりワイドになっているのと、巻き始めの立ち上がりがかなり早くなっているとのこと。

2

▼2点目がプロップ部分。ヒートンをキックアップされ、さらに低速でも回るうえ、スプラッシュ性能がアップしているとのこと。

出典:ノリーズ

この2点のプラスで、集魚力がかなりパワーアップしており、たとえば波気があるような水面からでも、水面までバスをしっかり呼ぶことができる。また、ジャークなどロッドアクションを加えた時もリップがより水を掴むため、さらにバスにアピールする。

まさに弱くて強い表層系プラグとなっている。

ね、コレは気になるでしょ。

スペックは、Length(長さ):112mm、Weight(重さ):14.9g
気になるお値段は¥1,800(メーカー希望本体価格)とのこと。