ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「ワレカラ」ってご存知ですか?【ライトゲームの超重要ベイト】

突然ですが、「ワレカラ」という生き物をご存知でしょうか?

このワレカラ、海藻に付着して生きている小さな甲殻類(見た目は昆虫っぽいですがね)でして、これからの時期はメバルなど、ライトゲームのターゲットたちの重要なベイト(エサ)となっている生物でもあります。

▼コレが「ワレカラ」です。まさに、なんじゃコレ? 虫? ナナフシ? 地球外生命体? シドニアの騎士のガウナ?

このようにかなりキモカワイイ感じなんですが、実はこのワレカラ、かなり身近に生息しているうえ、知らず知らずに接してる可能性もあるんですよ。

▼例えば、ライトゲームをしていて、ワームを回収した際「あ、ワームに海藻がくっついてる…ん?」

3

よーく見ると…動いてるし!
そうです。コレが「ワレカラ」さんです。
見逃すと完全に海藻のカスですね(笑)。

4

コレはかなり小さなワレカラ。爪の上でウゴウゴ動きます。

2

よく見るとなかなかカッコよいビジュアルだったりします。

1

実はコレ、大阪湾でライトゲームフェチである藤原真一郎さんとメバリングの撮影をした際にワームに付いていたワレカラさん。
また藤原さんによると、こういうことは大阪湾でたびたびあるということですので、いかにワレカラが身近な生き物なのか分かりますよね。

ということで、今度ルアーに海藻的なモノが付いていた時は、さっさと引き剥がさずにちょっと観察してみてください。

何かがうごうごしてると、ワレカラかもしれませんよ。

発見した時は結構ショックかもですけどね(笑)

▼ちなみに実際に動いているワレカラはこんな感じですので、動画でもゼヒ。

 

▼コチラはワカメをお食べになるワレカラさんの動画

そして、もしワレカラが付着しているようなら、ライトゲームならば、使うワームを小さくした方がいいかもですね。

ちなみにワレカラパターンでよいとされているワームも紹介しておきますので、参考にしてください。

 

海ゲラ1.2インチ(アルカジックジャパン)

 

プランクトンシリーズ ワレカラ1.8インチ(ジャクソン)

 

 

 

 簡刺しワーム アミ1.3インチ(アクアウェーブ)

出典:AquaWave