ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【春琵琶湖の定番】シャローのプリを狙い撃つスイムジグアプローチ法

今春の琵琶湖でもロクマルを筆頭に安定した釣果を叩きだしているスイムジグ。編集部に届く釣果報告にも何度となくその名が登場している春の定番アイテムだ。そんなスイムジグの中でも特にビワコアングラーに人気なのがジャクソンの「バレッジスイマージグ」。

その使い方を解説した実釣動画が公開され、この春もバレッジスイマーでロクマルを量産しマクっている武田栄喜プロが、イケてる春バスをキャッチしている。

バレッジ1

釣行のタイミングはGW前ということで、南湖のバスの大半はポストスポーンの状態。そこで、武田プロが選んだシチュエーションは比較的、季節の進行が遅く、なおかつ濁りが絡んで水温が上昇しやすい北湖のシャロー(流入河川エリア)だ。

バレッジ2

この場所を狙う理由は、もちろん大型のプリスポーンに狙いを絞っているため。

そんな場所を狙うのに最適なのが、バレッジスイマージグ(1/4-3/8オンス)+4インチシャッドテールの組合せ。バレッジスイマーといえば、沖のウイードフラット攻略用のイメージが強いかもしれないが、シャローのリーズエリアを攻める場合においても、その高い障害物回避性能でガンガン攻めることができる。

また、濁りが絡まない状況においても効果的で、「横の動きに反応するけど、ハードベイトではアピールが強すぎる…」というクリアアップしたシチュエーションバレッジスイマージグの独壇場となる。

バレッジ3

GWのハイプレッシャーから解放された現在の琵琶湖。プリのデカバスが潜んでいそうなシチュエーションを探しだし、シャローのスイムジグゲームを楽しみでみてはいかがでしょう♪