ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【レンチのようなもの】モンスター級ゴリアテ・グルーパーは工具がお好き?

ルアーにはそれぞれ特徴的な形やアクション、波動が存在する。一見「コレ、釣れるの?」というルアーが驚異的な釣果を叩きだすということもある。

アメリカ、フロリダ州西海岸、セントピーターズバーグのライアン・ハイン氏が先日、400ポンド(約181キロ)のゴリアテ・グルーパーをキャッチしたことがFacebookに投稿され話題になっている。

その魚体もさることながら、使用されたルアーが実にユニーク。なんとルアーとして使われたのは、工具の「レンチ」に2本のアシストフックを付けたモノだったのだ。

11885204_10154148668428130_9041100517423076357_n

出典:Facebook Ryan Hein

製品版のメタルジグには出せないフォールやスライドのアクションが効いたのか?それとも微妙なフラッシングが効果的?真相は魚に聞いてみないと分からないが、これぞアメリカンドリーム!な話題だ。

ルアーの起源は食器のスプーンという話は非常に有名。原点回帰して、身近なモノをルアーにしてみるのも楽しそうだ。

ゴールデンウィークにオフショアジギングをお考えのみなさま。タックルボックスには、ぜひレンチを入れておくことをオススメします(笑)

出典:YouTube St. Petersburg man catches 400-pound fish with wrench