ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

釣りやレジャーに行く時に持って行くクーラーボックス内の保冷についての豆知識

クーラーボックス内の保冷について詳しく!

釣りやBBQなどのレジャーに行く時には、みなさんクーラーボックスを利用することが多いと思います。

で、その場合にいつも気になるのが、クーラーボックス内の保冷ではないでしょうか? いろんな方法があるとは思いますが、ここではそんな保冷に関しての豆知識を紹介させていただきます。

オススメ保冷パターン1=お店で板氷を購入

Camera 360

Camera 360

一番一般的で利用しやすい方法ですが、問題はコストがかなりかかってしまうこと。コンビニだと1.7キロの板氷を買うと300円以上、ディスカウントストアならコンビニより多少安いとはいえ、だいたい250円以上してしまうことがほとんど。どうしても安くお店で氷を購入したい場合はローソン100などのお店なら108円で1.7キロの氷が買えるので探してみては!?(追記:最近、角氷売ってない…やめたのかなぁ?)。

あと、釣具屋さんや、エサ屋さん、さらには街の氷屋さん(ドライアイスが購入できるトコロも!)では多少、板氷が安めで売られている場合もあるので、近くのお店をぜひチェック!

あと裏ワザとして、スーパーの無料氷を利用するのもアリ(適量利用で)。
ただ必ずそのお店で飲み物等を買う必要があるし、もらえる氷の量に制限もある。しかも溶けやすいクラッシュアイスであることが多いので、イマイチ満足度は低いかもしれません。

あと、もう1つの裏技としては、漁港の港などにあることが多い、漁協などが管理する製氷自動販売機。元々は漁師さんなどが使う魚の保冷用氷だけど、一般利用でも使えるトコロもあるので、気になる人は、港関係の人に聞いてみてね!

オススメ保冷パターン2=凍らせたペットボトルなどを使う

DSC00241

Camera 360

氷や保冷剤のように余計なスペースを使わずに効果絶大なのがこの方法。ペットボトルのサイズも各種あるので、使うクーラーボックスの容量にあわせて選べるのもオススメ。自宅の冷凍庫で凍らせるのもありですし、コンビニで凍らせてあるペットボトルを買うのもあり!※ただし割高。ちなみに記者が一番のお気に入りは1リットルのペットボトルを自宅で凍らせたモノ。大きすぎず細かすぎずで使い勝手最強。2リットルのペットボトルだとクーラー内でのレイアウトがしにくいし、飲み残ししてしまうことが多いんですよねぇ。ちなみにペットボトルを飲んだ後、そのまま捨てられるというのも素敵な利点!

1 / 2
次へ