ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スクープ?】野池は早くも表層炸裂モード!? イマカツのウェイク系「巻きロイド」が、気になる、気になる…

バスフィッシングのシーンでは、各地でスポーニング(産卵)のシーズンを迎え、ウハウハウ釣果が出マクっている。

そんな中、野池では早くもアフター(産卵後)のバスが表層系のルアーで釣れ始めているという情報もチラホラ聞かれるようになってきた。

その、野池の表層系攻めでアフターのグッドサイズを釣っている人たちの1人が、イマカツのなべちゃんこと、渡辺健司さんなのだが、その模様が今江克隆さんのブログで公開されており、その中でイマカツの新しいビッグ?ベイトの存在が明らかになった。

その名も「巻きロイド」?「バスロイドウェイキー」?

今江さんによると、名前はテキトー(爆)らしいが、出来栄えはソウトー(優)らしい。

 

まんま、野池の小バスの大きさ&動きそのもの。
早巻き対応&障害物回避性能を特化してある。
ビッグベイトというよりは、ビッグシャロークランクかな。
ガンガン、シャローのカバー周りを巻くために開発。
今江的、関西系?GEKIASAがコイツです。MAX60cmダイバー

出典:K.imae Today’s Tips

 

 

ご覧のよう、実釣テストではすでに表層での狙い通りの使い方で、グッドサイズを仕留められている。

野池のシャローを障害物を回避しつつ高速巻きで、あるいは、野池の表層を障害物を回避しつつ超デッドスローに、小バス(っぽいルアー)を操ってデカバスを獲る。

続報がとっても楽しみなルアーだ。