ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

臭い汁系ワームの収納ケースに熱くなる-その1「プリフォーム」

ライトゲームのワームとして外せないのが臭い系ワーム。

ガルプ!などバークレイ製品とエコギアアクアなどなど、ホントよく釣れますよね。

で、臭い系ワームのユーザーの共通の悩みとして挙げられるのが、ワームの収納、ワームの収納ケースではないでしょうか?

 

記者も散々、悩み抜いてきました。その中で、現時点で信頼をおいているワームケースを紹介してみます!!

用途によって何個かあるので、1つ1つ紹介してみますね!

 

最近、もっとも多用している現場持込み系ケースとして愛用しているのがコレ!

「プリフォーム」

IMG_3302

これは実はペットボトルの原型、ペットボトルの元となる商品。

このプリフォームに熱を加えて膨らませるとペットボトルになる!というもの。

このブツを最初に教えてくれたのが、あのライトゲーマーとして有名な藤原真一郎さん。

S51と36cmアジ

記者はひとめ見て、紹介したい!と藤原さんに伝えたところ、一般流通してないモノで、知り合いからもらったものなので…という理由で紹介NGとなったのでした。だけど、必死で調べてみると、ネット通販もしてることが判明して、晴れて紹介OKになったのでした。

汁系プリフォーム (3)

汁系プリフォーム (2)

汁系プリフォーム

上記3枚の写真:藤原さんより提供

 

さて、そんないきさつはおいといて

このプリフォームだけど、何がイイのかというと、ペットボトルの元というだけあって、汁が外にこぼれない!というのが最大の利点。確かに私自身、ペットボトルなら液漏れしないからカバンの中に横に置いたりしてますもんね!

この絶対的な汁・液モレしないという安心感が最高にたまらんところなんです。あと利点はその安さ。

プリフォームは大(直径25mm×長さ132mm)が10個入りで税別500円

小(直径25mm×長さ80mm)は20個いりで税別500円。

最高のコスパなんです!

というわけで記者自身、ここ2-3年前より現場持込用として愛用。何個かをバッグに入れたり、2-3個をポケットに入れたりして使ってます。

IMG_3305

 

ただちょっと、使いづらい点もあります。それは…

底が丸いので立てることができないこと。

そして直径が小さく、つまみだしにくいこと。←これに関しては100均のピンセットやつまようじを使ったり、無理やり指1本でつまみだしたりしてクリアしてます。

 

まぁでもトータルで考えて愛用してます!!

あと汁系ワームの容器としてだけでなく、トラベル用のコンタクト保存液容器や、シャンプー入れ、使用済みフックいれ、タバコの吸殻入れ

キャンプの調味料入れなんかでも愛用してます!!!

 

通販サイト

http://item.rakuten.co.jp/wa-zeka/puri001/?s-id=review_PC_il_item_03#puri001