ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

カバーフィネスに完全対応! リューギが新型ガード付きフック開発中

カバー撃ちといえば誰もがワクワクするアプローチで、そんな楽しい季節がやってきた!

ただ、おいしそうなカバーは誰もが撃っているため、プレッシャーを考慮して投入するルアーにも工夫が必要。ましてや一撃で獲るなら、あまり大きすぎないサイズのルアーをアプローチしたいところ。

先日、キムケンこと木村建太氏と取材に行った時のこと。

スキあらばカバー撃ちで! とリグっていたのが、バークレイ・ミッドクローラー5.5インチの超ショートリーダー・ワッキー掛けダウンショット。その時に使っていたフックがコレ!

_MG_1211a

_MG_1215a

どうやら、リューギのタリズマンにガードが付いたプロトタイプ。ことの真相を、ココ最近の関西リザーバーでブイブイいわしているリューギのウッディーこと宇田氏に聞いてみたところ、ライト系ワームからボリュームのあるワームまで対応するサイズも予定しているとのこと。テストはイイ感じで進行中らしい。完成を乞うご期待!!

ちなみにタリズマンは

攻め抜く為の御守り、それがタリズマン。
パワータックルでのネコリグを前提として設計されたこのフックは、攻めのワーミングを可能とする。
やや太軸の軸線設計と、ピアスフックのベントデザインを踏襲したデザインは、高い強度を生み出す。
素材にフォグショットなどに採用したサイバーメタルを採用する事で、 更に剛性に磨きをかけ、フックポイントも鈍りにくく仕上げた。
タントラムコントロールで実績を残した、 ズバ抜けた貫通力を誇るTCコート を採用し、掛けこぼしは極力排除。
ウィードや障害物周りに繊細に、 かつ、大胆に攻め込み、 欲しかった魚に巧みに 仕掛けて獲る為の一本。

出典:リューギ