ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今がアツい!】ロングビルミノーのポンプリトリーブ攻めとは?

春シーズン突入で一気に魚の行動パターンも拡大中。そんな中で釣果が続々あがっているのはハードルアー。中でも見逃せないのが「ミノー」。ミノープラグといえば、簡単に分けるとすれば、切れ味鋭い左右へのジャークアクションでバイトを引きだせるのがジャークベイト。弱々しいボディロールアクションでジワジワ訴えかけるのがミノーといったところだろうか?

桜前線北上中で、同時にプリスポ前線も北上中だが、想像以上にシビアなプリバスに効果的なのが、ミノープラグの弱さ。中でも注目したいのが、ロングビルミノーという存在。ぶっちゃけ、潜行レンジの深さからオカッパリでは敬遠されやすいアイテムだが、逆に長いリップを利用した回避性能の高さはアドバンテージとなる場面も多い。

そんなロングビルミノーといえばタダ巻きでも使えるが、昔からの定番といえば「ポンプリトリーブ」テク。ロッドワークで潜らせて(泳がせて)、引っ張った分だけラインを巻きとり、その最中は水中でステイ。このステイが食わせの間となる攻め。キモは、ストロークを長めにしたロッドワークと、いかにラインを引っ張り過ぎずに巻いてステイ状態を作れるか。そして最大のお楽しみは、手元に伝わるアタリ! コツっとかツンという瞬間的なバイトを感じた瞬間、こちらから掛けていくところ。

釣りの動作自体はスローだが、ことフッキングに関してはかなり攻撃的なアプローチで、釣れちゃった・・・ではなく、狙い通りに掛けたといえるところも、この釣りのミリョク。当然、ピンスポ狙いだけに、その思いは強くなる。この面白さを味わうと常に集中力も維持できるという副作用付きなアイテムが、ロングビルミノーなのだ!

そんなロングビルミノーで注目のアイテムが登場。それが「デプス・バリソンミノーロングビル」。

この時期に定番となったスイミングジグも、昔ほどイージーに釣れなくなったぁと思う人も多いはずで、そう思った人なら、動かしたあとに止められるロングビルミノーの威力に気づくはず。すでに購入された方は、ぜひその威力を体感してみてください。