ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

青木大介が特殊形状NEWスピナベ-ディースパイカーを動画生解説-超詳しめVer-DSTYLE

スーパートーナメンター青木大介さんのメーカーDSTYLE!

df

 

今年も色々とヤバイアイテムが登場予定!

その中から、ここでは、あらゆる面で特殊な設計が施されたスピナベを紹介!

 

そのスピナベの名は

Dスパイカー

2016年5月発売予定

IMG_9806a

 

IMG_9805

かなりガッツリ動画で撮影させていただきました!!!

 

 

一番、大きな特殊設計パーツは? というとアッパーアームがブレード部分で分割結合されているところ。

こうすることで、あらゆるスピード、そしてフォール時など、とにかく常にブレードがキレイに回るという。

IMG_9812 IMG_9808

 

ちなみに

DSTYLE!の公式ホームページにも解説がすでにアップされているのでこちらも要チェック!

http://dstyle-lure.co.jp/products/?p=618

 

青木大介が導き出した答え。それは、常にブレードが回り続けること。  着水からピックアップまで絶え間なくアピールし続けるスピナーベイト

特定の条件下では圧倒的な強さを生むスピナーベイトだがその分スレやすいなどのデメリットも有りトーナメントシーンでは使い切ることの難しいルアーの一つであった。この D-Spiker は極薄のブレードとその形状により、適度な波動と十分なフラッシングを実現しトーナメントでも投げ切れるスピナーベイトに仕上げられている。

また、可動式アッパーアームを採用することで、キャスト時の飛行姿勢も安定し圧倒的飛距離を生みハイプレッシャー時の大きなアドバンテージを得られるだけでなく、リトリーブからフォールまでいかなる状態でもブレードが回り続けるダブルウィローブレードを実現した。

ブレードが常に回り続ける事で、ただ巻くだけでなくアングラー側からリアクションバイトを誘発させることも仕掛け易くなる今までにないタイプのスピナーベイトに仕上がった。

ジャンルとしてはスピナーベイトだが、チャターベイトとスピナーベイトの中間的なルアーに仕上がっている

Weight 3/8oz・1/2oz Quantity –
Color 8 – –
¥1,350(税抜)
Feco認定申請中

出典:http://dstyle-lure.co.jp/

ヘッド形状
すり抜けとスイミング時の安定性を重視し常にヘッドが真下を向く様に設計されているシンプルな形状
ブレード形状
立ち上がりと軽やかな回転を重視し、極薄で後部をフラットに仕上げたオリジナルブレードを採用。 視覚的には大きな動きな動き、軽く薄いブレードは弱めの水押しと間逆な要素を組み込むことで、ナーバスなバスに対してもスレにくくトーナメントでも投げ切れる事が出来るスピナーベイトに仕上げる事ができた。
可動式アッパーアーム
可動式なのでキャスト時にルアーが回らず向かい風でもストレスがない圧倒的飛距離を実現。
程よいウィードレス効果とバイト時にはアームがフックに干渉しない為、大幅なフッキング率のアップにつながった。
また可動部分は、フックやラインに干渉することで起きるトラブル防止のために最適な角度に制御している。
アームが可動式になることでブレードの回転による捻れのモーメントを可動部ジョイントが吸収し超速引きでも倒れることなく真っ直ぐ泳ぐ抜群の安定性を実現した。

出典:http://dstyle-lure.co.jp/

 

 

シーケンス 01.Still030