ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

村上晴彦がライトSW用スピンテールを作るとこうなる!新作ネコスピンを本人が超解説

村上晴彦さんのSW好きは有名。というか釣り全般!?

ルアニューでも15年ぐらい前から村上さんとメバリングやらエギングやらずっと取材しマクってました。

その当時、村上さんが使っていたルアーは何とすべて自作!

ワームも自作、エギも自作。でも、最近は一誠から海太郎ブランドで村上さんのルアーが続々と製品化中!

ダウンロード

 

で、プロトの開発が進んでいるのが

ネコスピン

IMG_9951

何でネコスピンって名前かというと、「ネコソギ釣るスピンテールジグ」というところから。

村上さんが世に広めた「ネコリグ」の由来と同じ系ってトコですね!

 

で、コイツの対象魚はライトソルト系全般とのこと。

カマス、メッキ、メバル、ガシラ、アジなどなど。

村上さん的には、何がつれるか?分からない場所、状況の時に、どんな魚がいるか?を手っ取り早く把握するために使うルアーとのこと。

そのために、魚種を問わないようにシルエットは小さめでサイズも5.5グラム設定にしてあるってわけ。

タックル的にもライトソルトで一般的なPE0.2-0.4号、特に0.3号ぐらいのセッティングで使いやすいようにしてあるので

特別にネコスピン専用系タックルを用意する必要がないのもウレシイ点!

 

で、そのネコスピンの形なんだけど、一応エビがモチーフになっているよう。

で、どんな特長を持たせているかというと

普通のテールスピンジグはボディを揺らさずにテールのブレードが回るのが普通だけど

コイツはボディとテールブレード両方が回る設計になっているそうな。

こうすることで、色んな魚から反応が返ってくるみたい。

とりあえずボックスに入れておくと、いろいろと楽しめそうな感じ!


 

ネコスピンについて村上さんに動画が語ってもらったので、こちらも参考に!