ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ビフテキ-大注目リグの「ビフテキ(BE-FREE-TEXAS)」を動画で超分かりやすく超詳しく解説

ビフテキとはBE-FREE-TEXASの略

今年、間違いなくブレイクしそうなリグなのが「ビフテキ」。ちなみにビフテキとはBE-FREE-TEXASの略。

どんなリグかというと

ビフテキ専用シンカーを使うカバー系のリグ

簡単にいうとカバー貫通力の高い直付けリグと

カバーすり抜け能力の高いテキサスリグという、

2つのカバー系メジャーリグのイイとこどりを実現したリグという感じ。

 

ちなみにビフテキは元々はガシラ(カサゴ)などのロックフィッシュ狙いで使われていたリグで、ソルトの世界で去年ブレイクしたんだけど、

それがキムケン(木村建太)が使ったことから、バスアングラーにも広く知られることになって

今年、バス釣りでブレイク必死!!的なリグとして注目を浴びてるという流れ。

 

IMG_9732

 

百聞は一見にしかず! ビフテキとバス用のビフテキ専用シンカーについて解説してもらった動画があるので

そちらを見てね!

 

バス釣り用ビフテキ専用シンカー「ブラックビーンズTG」

ブラックビーンズ

 

シンカーから先にカバーに接触し、ワームのズレをシンカーが抑制するバレットシンカーは、スナッグレス性に優れる半面、フォール中にラインを張るなど抵抗が掛かると姿勢が水平になり、フォールスピードが落ちたり、カバーへの貫通力が鈍くなる。
フックにシンカーを直付けするリグは、ラインの抵抗に関わらずシンカーが真っ直ぐラインとワームを水中に引き込む為、フォールスピードや貫通力に優れる。
半面、シンカーとワームが同時にカバーをスリ抜けようとする為、スナッグレス性はテキサスリグに劣る。 ラインの影響を受けにくい形状でフォール・カバー貫通性に優れ、スリ抜けはテキサスリグの様にシンカーから抜ける事で、高いスナッグレス性を見せるJUNGLEGYMのビーンズシンカー。
この性能に惹かれ、JUNGLEGYMにコラボレーションをオファー。
ハードに使用しても塗装が剥がれにくく、魚からの違和感を消去する特殊マットブラック塗装を採用し、性能に磨きをかけた。

出典:RYUGI公式ホームページ

ブラックビーンズラインナップ1

 

 

 


 

ちなみにルアニューが2年前に撮影したビフテキ解説動画。当時を思い返してもかなり衝撃的でした!