ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

中村哲也の早春・池原ダム攻略法とは

■気候変化を攻略するルアーローテとは

取材当日は、三寒四温の寒の初日。気温が下がりだし、さらに爆風で水温も低下。KANATAの超早巻きでバックウォーターを攻略するもサイズがでないため、ハドルトラウトやスパーク7とローテして魚のポジションを探し、仕上げにボトムをスローな展開で誘って、早春の池原ダムを攻略していく。レンジと魚のスピードに合わせたローテが攻略のカギとなる。

ボトルシュリンプ6.5

■ボトルシュリンプ6.5インチのネイルリグ

取材時のメインとなったボトルシュリンプ6.5インチのネイルリグは、従来のボトルシュリンプをさらにサイズアップしたプロトモデル。6.5インチというサイズ感はもちろん、ブリンとしたボディとアームは、デカバスの本能を刺激することウケアイ。ソルト多めのマテリアルのため自重もあり、ノーシンカーでの使用ももちろんOK。

ネイルリグは、ボトム攻略の際に根掛かりのリスクが低く、春のシビアなデカバスに対して、シンカーの存在を隠すことができるので、非常に効果的。

中村哲也

ちなみに、中村氏が着用しているウェアは、シュプリームとノースフェイスの2015コラボモデルである。

(2016年4月1日発売のルアーニュース センター記事と連動)

■実釣動画公開中

ナカテツこと赤鬼の異名を持つ中村哲也氏が早春の池原ダムでデカバスを大追跡。春特有­の三寒四温、爆風というバッドコンディションの中、マグナム級ミノー「KANATA(­カナタ)」やビッグジョイントベイト「Orge(オーガ)」、プロトのボトルシュリン­プ6.5インチ(プロト)などを状況にあわせて使い分け、気むずかしい季節のビッグバスを狙い撃­つ。