ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ティクト】 10周年記念モデルのフルレングスボロンロッドとマットブラックのCBSスプールとショートハンドルをトミー敦がナマ解説!

 

少し前にティクトの2018年新製品情報をお届けしました!

ティクトの2018新製品をほぼ全まとめ【トミー敦】アジングメバリング関連ルアー、ロッドほか多数登場

 

その中で、特に気になったのが10周年記念NEWアイテム。

ちなみに10周年記念アイテムとは…「ティクト10周年アニバーサリーカスタム・フルレングスボロンロッド」と「ティクト10周年記念限定:「マットブラック」カラーのCBSスプール-D、SSH30-D」!

この2つに関して、トミーさんご本人に動画で語っていただきましたので、ぜひチェック!

動画で語っていただいたブツはこれ!

 

ティクト10周年アニバーサリーカスタム
フルレングスボロンロッド

古くから金属的な感度をもたらすロッド素材として有名なボロン!

そしてそ金属繊維のボロンを少しでもコンポジットすれば、ボロンロッドという名を使うことができるそう。
実際、多くのボロンロッドはあるセクションなどに少しコンポジットされたりするモノが多いわけなんですが、ティクトが10周年アニバーサリーモデルとして登場させるロッドは、何とフルレングスボロンロッド!

分かりやすくいうとロッドのティップから元まで、フルレングス使用したロッドを2本登場させるとのこと。

ちなみにボロンというと重いのでは?とか思う人がいるかもしれないですが、記者が実際持った感じでは、重いどころか、軽くてシャキってしててめっちゃバランスのいいロッドになってましたよ!

ちなみにその2本とは、スラムUTR(アルティメットチューン)1ピースと、アイスキューブ(グリップジョイント)から1本ずつ。

UTRの方は2018年春、アイスキューブの方は2018年冬に登場予定。

 

ティクト10周年記念限定:「マットブラック」カラーのCBSスプール-D、SSH30-D

ティクト10周年記念アイテムとして、スプール交換が簡単にできるリールカスタムパーツの「CBSスプール-D」「SSH30-D」の限定:マットブラックカラーが登場予定。

フルレングスボロンとコイツを合わせたら、かなり渋いタックルになりそうです!