ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

バレーヒルの琵琶湖対応・ど注目アイテム3点!奥村哲史さんが紹介してくれました!

跳ねジャコ、ナゾノトレーラー、カツオとテール(これは変化球でカットテールのことです)、ギャンギャン釣法などなど、巧みな言葉遊び?唯一無二のネーミングセンスを誇り、独自のメソッドを世に出し続けている、バレーヒルの奥村哲史さん。

出典:奥村哲史-FaceBook

奥村哲史さんはご存知、古参の琵琶湖プロガイドで、OSGS(Okumura Satoshi Guide Serviceの略)として、フィッシングガイドの本業以外にも、アパレルアイテムの展開や、マナー啓蒙プロジェクトなど、様々な活動をされています。

出典:OSGS

OSGSフェイスブックページ https://www.facebook.com/osgs.oaom/

そんな奥村さんがデザインし、琵琶湖で数々の伝説を生み続けているワーム、ジャコビーが2018年で10周年だそう。おめでとうございます!

これからもベーシックだけどネーミングが面白い釣具作り、期待しております!

ということで、そんな奥村哲史さんがオススメする2018年ニューアイテムを紹介。

フィッシングショーOSAKA2018のバレーヒルブースで、ショートムービーを撮影させていただきましたよ!

インディスティック

デカっ!

人気琵琶湖プロガイドの大仲正樹さんプロデュースのスティックベイト。

こちらは7inchだと思われますが、5inchもリリース予定だそうです。

過去記事もどうぞ↓

インディスティック5&7インチ【大仲正樹プロデュース】高比重で色んなフォールをさせれる新型スティックベイトがバレーヒルより登場予定

ノーシンカーやテキサスで使用する高比重ワーム。ノーシンカーではフォール時にフックを挿す方向により、フォールアクションが変わるそう。

テキサス使用時には、扁平ボディがうねるようにフォールして、強い波動を発生。デカバスに効きそうですね。

プロトスティックベイト

こちらは奥村さん作の、まだ名前はないプロトタイプのスティックベイト。別名ギャンギャン釣法ワーム。

ギャンギャン釣法とは、いわゆるノーシンカージャークのことですが、字の通りギャンギャンと強くジャークしてから、ラインテンションをゼロにしてフォール。動きのメリハリでバスにアプローチする奥村流メソッド。

ノーシンカー、ライトテキサス、ジグヘッドで使用しましょう。

過去記事もどうぞ↓

【ギャンギャン釣法ワーム(仮称)】奥村哲史プロデュースワームを紹介

 

1 / 2
次へ