ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

軽ラバ【ハイドアップ】を吉田秀雄が生解説!あのハイドアップのカルラバが新しくなる

吉田秀雄さんプロデュース!ハイドアップの新作ワーム「スタッガーワイドホグ」の情報を少し前にお伝えしました。

【スタッガーワイドホグ】スタッガーシリーズにもう1つのNEWベーシックワームが登場予定【HIDEUP吉田秀雄】

 

 

で、ハイドアップの2018年の新作はまだまだあるので、紹介しますね!

 

 

ちなみに、ハイドアップにはプラスティックヘッドを持つ特殊ラバージグとしてロングラン人気を誇るモノとしてHU-カルラバ【ハイドアップ】がありますよね。

ハイドアップ公式カルラバ詳細ページ
https://www.hideup.jp/product/HU-CaluRuba.php

 

 

そんな長きにわたって人気のカルラバですが、登場から10年が経過したこともあって、フックなども一新した新たなモデルを登場させることになったんです

そしてそのNEWモデルの名前なんですが、元々カルラバというカタカナ表記だったものが、NEWモデルでは漢字とカタカナの併記「軽ラバ」が採用されています!

 

軽ラバ【ハイドアップ】

さて、改めて軽ラバについて説明させていただきますね。

まずどんなモノなのか?というと、一見すると一般的なフットボールジグに見えると思いますが、実は全然違います!

何が違うのか? 簡単にいうとヘッド部の素材がナマリなど金属ではなく、プラスチック製のラバージグで、通常のラバジよりも明らかにスローにフォールさせることができるラバージグになっているんです!

で、軽ラバのウエイトバリエは0g、0.8g、1.7gの3つあります。

このウエイト表記なんですが、ジグはヘッド内部にタングステンウエイトが内蔵されているんですが、そのタングステンのウエイト表示となっています。

なので軽ラバ0gはタングステンウエイトが入っていないモデルで、やさしく水面に置くと、水面に浮いている状態で、揺すってやると超スローにフォールします。0.8gや1.7gは、0gと比べるとスーと早く落ちるんですが、一般的なラバジと比べると明らかに遅いフォールスピードとなっています!そしてラングステンウエイトがラトルのような役割でコロコロ、コトコトと音を出してくれたりします!

1 / 2
次へ