ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ギャンギャン釣法ワーム(仮称)】奥村哲史プロデュースワームを紹介

毎年、釣れ筋&ちょっと変わり種ルアーを発表してくれているのが、琵琶湖プロガイドとしても有名な奥村哲史さん!

現在もバレーヒルで面白いワームを開発中とのことで、プロトをご紹介!

 

ギャンギャン釣法ワーム(仮称)

写真はプロトタイプ

ギャンギャン釣法というのは、奥村哲史さんが琵琶湖の釣りで以前から多用しているテク。
ギャンギャン釣法は、キツめのジャークで誘ってからのゼロテンションフォールで誘ったりするメリハリのある誘いのことだったりします!

ギャンギャン釣法ワームはノーシンカーやライトテキサス、ジグヘッドなどで使用するのを想定しているとのこと!

ギャンギャン釣法ワームで求めたのは…?

ノーシンカーでは…
ギャンギャンへの反応のよさ、それからノーシンカー(タテ刺し)でのフォール時に自発的なロールアクション&テールのフリフリアクションを演出!

ライトテキサスでは?

ウイードからの抜けのよさや、軽いウエイトでもクイックに動くように!

ジグヘッドでは
ミドストでのロールアクションなどで使用。

発売予定は今のところ未定とのこと