ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【神アイデア】イカメタル・オバマリグのドロッパーのアクションが劇的に良くなる超簡単な方法とは?

ケンサキイカ、ヤリイカ、スルメイカを狙うルアーゲーム「イカメタル」で、今やスタンダードなリグとなっているのが「オバマリグ(ドロッパーリグ)」と呼ばれるリグです。

「オバマリグ(ドロッパーリグ)」では、オモリのようなイメージでイカメタルを装着し、リーダーの先にドロッパー(浮きスッテや小型エギ)を付けるのですが、イカメタル(メタルスッテ、鉛スッテ)もドロッパーも、その日によく釣れるカラーやアイテムをいち早く見付けることが釣果を伸ばすためには必須です。

そのため激しくローテションすることも多く、スナップ等で交換が素早くできるシステムを取るアングラーのが現状です。

しかし、ドロッパーは小さいモノや軽いモノを使用することが多いため、小型のスナップですらその重量でドロッパーの姿勢やバランスが本来意図されている状態にならない、悪くなっている……そんな事態も起こっています。

その解決策はあるのでしょうか…

三重県尾鷲沖でイカメタルゲームを楽しませてくれる超人気オフショアガイド「エヌテックマリン」の中井キャプテンが教えてくださったのが、アジング用超小型スナップで代用するというアイデア!

「アジング用超小型スナップ」なら、重量自体がいわゆるスナップよりもワイヤーが少ない分、軽いので、スッテのバランスやアクションを悪くする可能性も低くなり、ドロッパー部も動きもよくなるとのこと。

「アジング用超小型スナップ」では、構造的にドロッパーが外れるのでは?と心配される方もいると思いますが、このアイデアを1年間試してきた中井キャプテンによると、外れたことはほぼなく、何よりも釣果がかなりよくなったそう。

しかも、交換も早い!

という訳で、気になるイカメタラーは、一度お試しを!

ちなみに三重県尾鷲沖のイカメタルゲームは、例年1〜3月が旬ですよ。

エヌテックマリンの中井キャプテン

エヌテックマリン