ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【メバリング】月下美人シリーズ創始者・辻原伸弥が語る「サイズUP直結パターン」とは

冬から春、そして初夏にかけて楽しめるメバリング。そう考えると、釣期は意外と長く、アジングに続き、身近で楽しめるライトゲームの代表だ。ただ、近年はアングラーの増加や釣場、個体数の減少により、特に都市部ではサイズUPが難しくなってきている。「15cmは釣れるけど、20cm…25cmなんて夢のサイズ」。そう感じているシティアングラーも多いのではないだろうか?

そんなハイプレ化が進むフィールドで何とか1尾…良型を獲りたい!とお思いの方に、ダイワ・月下美人シリーズの創始者であるジグ単マジシャンこと辻原伸弥氏が実践しているテクニックをご紹介しよう。

辻原伸弥直伝:流れを釣る「ジグ単ドリフト」

辻原さんの地元である神戸をメインとした関西エリアは、まさに前述したハイプレ化が進むエリア。小メバルと戯れることはできても、25cm以上となると、そう簡単ではない。そこでジグヘッド単体にこだわる辻原さんが実践しているのが、不用意なアクションを極力減らし、ナチュラルに誘う「ジグ単ドリフト」だ。

流れを感じながら違和感なくリグを流し込むことで、波動を嫌うメバルに口を使わせるこのテクニックだが、辻原さんがこだわるのがタックルセッティングだ。特にラインには必ずといってよいほどエステルラインを使用する。

またワームには、辻原さん自身が監修した月下美人シリーズの最新ワーム「月下美人ビビビー」と「月下美人ビームスティックZERO」が最適。この2つのワームはこれまでの月下美人シリーズとは、ひと味違ったコンセプトで設計されており、極論、流すだけ…動かさなくても釣れてしまうというほど完成されたワームに仕上がっている。(もちろんリトリーブでの使用もOK)

ジグヘッドのウエイトは、メバルのレンジや潮流の速さに応じて調整するため、特定のウエイトを指定することができないが、中でも辻原さんはタングステン素材のジグヘッドを愛用している。

あとは潮を読みながらジグヘッドを流すだけで釣れる。これが辻原流ジグ単ドリフトの概要だ。詳しいセッティングやドリフトのキモは、発売中のルアーニュース増刊号爆釣!メバリング シーズン12DVDボックスを参照いただきたい。

と同時に、取材の模様を撮影した動画も配信中なので、コチラも合わせてどうぞ。「流すだけで釣れる」を実践しつつ、狙い通りにサイズUPをキャッチする一部始終を収録している。