ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【メバリング】レオン・加来匠が成し遂げた尺上3連発という奇跡的釣果の立役者

一瞬、魚種を間違えてしまいそうなコチラの写真。まるで古代魚を思わせる堂々たる風格はまさに尺上のそれである。この魚は、ルアーフィッシングを牽引し続けるご存知、レオンこと加来匠氏が2017年のメバリング取材でキャッチした尺上(実測33cm)だ。これまで取材で幾度となく良型のメバルを見てきたが、ここまで強烈な1尾は未だかつてない。そう断言できるほどクオリティの高いメバルだった。

実はこの取材では事前に「デカいメバル、可能であれば30cmを釣っていただきたい」とレオンさんにオファーを行い、シーズン終盤ではあったもののタイミングを見計らい彼の地へと向った。

メバリングにおいて尺(30cm)といえば、アングラーの目標とするサイズであり、そう容易く釣れるものではない。ましてや狙って獲るとなるの、そのハードルはさらに高くなるだろう。そんな我々、編集部のムチャな依頼を二つ返事で了承してくれたレオンさんには、“ある確信”があった。

場所や時期、タイミングや潮回りなど様々な条件を過去の経験と照らし合わせ、導いた答え。それが今回の尺上捕獲のメインメソッドとなった「ボトムワインド」だった。

ボトムワインドとは、一般的なメバリングで用いる1g前後の軽量ジグヘッドではなく、5g、7gといったヘビーウエイトのジグヘッドを用いて、ディープに潜むメバルを狙うメソッドであり、レオンさんが昔から実践している、ある種の王道的メソッドである。

このヘビージグヘッドを、文字通りボトムで左右に飛び跳ねるようにアクションさせ、食わせの間であるフォールで食わせるというのが一連の流れ。ただ、これには専用のジグヘッドと、キレのよいワインドアクションを発生させるワームが必要となる(詳しくは「爆釣!メバリング シーズン12DVDボックス」を参照)。

メバリングにおけるボトムワインドは、ほかのアングラーが手出しできないフレッシュなポイントを狙うことができ、さらにデカメバルにも効くメソッドだ。ぜひシーズンを迎えた冬のメバリングで実践していただきたい。

ルアーニュース増刊号「爆釣!メバリング シーズン12 DVDボックスPV」