ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今が旬!】低水温期のシャローに居残るデカバスを仕留めるためのスピナベテクニックとは?

例年より早い寒気の到来で、関西の山々もすでに初冠雪を記録。12月を目前にして冬の気配が濃厚だ。気温の低下とともに水温も落ち込み、10度前半台となった各地のフィールドでは、どんどんとバスのレンジが下がっている。ただ、水温の低下を物ともしない体力のあるデカバスはシャローに居残り、冬に向けて捕食を行っており、その個体を狙うことでサイズを選びながら釣りを展開することができる。特にリザーバーでは、シャローとディープの二極化が激しくなるため、シャローのデカバス狙いが面白くなる。

低水温期のシャローゲームで特に重宝するのが「スピナーベイト」。秋の台風による影響で濁りの入ったフィールドや、冬の白濁りが入ったリザーバーでは、バスがストラクチャーに対してタイトに付くため、必然的にスナッグレス性が求められる。さらに濁りの中でバスにアピールするため、強い波動と大きなシルエットが必要となり、その結果、スピナーベイトが有効となるワケだ。

スピナーベイトを選ぶ際に注意したいのが、前述した波動シルエット。できるだけ強く大きなモノが必要となるため、ハイシーズンに使用しているアイテムより、ワンランク強めを選ぶことが重要だ。

このシャローに的を絞ったスピナーベイティングは、関西のリザーバーでは王道のテクニックであり、池原ダム七色ダムといったフィールドでは古くから冬のメソッドとして定着している。このエリアをホームとするリビングレジェンド・山岡計文もこのメソッドに精通しており、先日の取材では50cmUP・2尾を含む計8尾を連続キャッチ。その驚異的な破壊力を見せてくれた。

山岡氏がメインに使用するスピナーベイトはO.S.PハイピッチャーMAX。大きなシルエットとブレードによる強い波動が、冬のシャロー攻略には欠かせないアイテムだ。弱いスピナーベイトでは引っ張れないデカバスをバイトに持ち込むことができる。

ちょうど今の時期から1月上旬にかけて爆発的に効くメソッドなので、低水温だからとディープのライトリグをチョイスする前に、一度、この爆発力をお試しいただきたい