ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【待ってた!】国産マグナムクランク「ショットストーミーマグナム」に、待望の「さらに潜るタイプ」が登場か!?

大雨の後など、濁りが入った時の琵琶湖では無双の釣れっぷりを誇ることから、今や完全に定番の攻めとなった「マグナムクランクベイト」。

琵琶湖界隈では、ラッキークラフトの「SKTマグナム110MR」と、ノリーズの「ショットストーミーマグナム」が人気・実績ともに高い評価を得ているのが現状です。

そんな中、国産マグナムクランクの雄「ショットストーミーマグナム」に新たな動きがあったようです。
琵琶湖でのストーミーマグナム人気の火付け役的存在である、プロガイドで「琵琶湖の若獅子」こと諸富真二プロが、田辺哲男プロと新モデルのテストフィッシングを行ったようで、その模様を公開していました。

先日、田辺さんとプロトルアー「深いレンジを攻めれるストーミーマグナム」のテストをみっちりしてきました。

結果は…最大55cmオーバー含む、秋爆!
バスも見たことのない動きなのか、ガンガン反応してきて、使っているコッチがビックリの結果に。

(開発は)かなり良い感じで進んでいるので、期待していて下さいねっ。

ちなみに、プロトの「深いレンジを攻めれるストーミーマグナム」は4mをしっかりトレース可能
琵琶湖では1年を通して登場機会が増えること、間違い無し!
しかも、アメリカ製と比べて、動きもタイトアクションでコンディションを選ばす使えます。

出典:ルアーニュース

という訳で、コレは期待せずにはおれませんね。また続報が入り次第お伝えしましょう!
気になるアングラーは、コチラのマグナムクランク関連の動画もどうぞ。