ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ライトゲームワームの定番「ギムレット」に、タフコン打開用セミロングモデル「2.5インチ」登場!? 名前は同じでも全く別モンっぽい見た目が話題に!

出典:エバーグリーン

エバーグリーンのライトゲーム用ワーム「ギムレット」。
ピンテール形状で、鋭く尖った鋭く尖った錐(キリ)型テールと、テール付け根のクビレ、そして適度な張りを持つノンソルト素材により、アピールも食い込みもバツグンということで、人気を誇ります。

その「ギムレット」に、新サイズ「2.5インチ」が間もなく登場するとのこと。

で、その2.5インチなのですが、既出の1.5インチ、2インチとボディ形状がけっこう違うってことで、ライトゲームマニアの間で話題となっています。

どれぐらい違うのかと言うと…

2インチ

 

コレが2.5インチ!※プロトモデル

ルアー(ワーム)って、だいたいサイズ違いのモデルが登場する場合、ボディ形状はほぼ踏襲されて、サイズアップあるいはダウンしていることが多いのですが…このギムレットは確かに違う! では、ナゼこんなに違うのか??

ギムレット2.5インチの開発テストにも関わっているというエバーグリーン・ソルトプロスタッフの豊西和典氏に聞いてみました。

現行のギムレットには2㌅と1.5㌅の2モデルあり、その特長は少し硬めのマテリアルを採用していて、アジのついばみバイトで起こるジグヘッドからのワームのズレを防止し、シャキっとした姿勢を保ち、キビキビとした動きがアジの食い気を誘うのですが、アジの食い気が悪い時などはこの「硬さ」が仇になる場合があります。

現在開発を進めている新たなギムレットは、前述の点を考慮し、マテリアルをソフトにして、テールのクビレを2カ所設定。
ボディがスリムになり長さが2.5㌅に延長。柔らかく吸い込みもバツグンになっています。

ちなみにアジングでは、食いシブった時にワームのシルエットを小さくしがちなのですが、シブい時こそロングワームが効く場合が多々あります。
実際、このセミロング版のギムレット2.5インチは、テストにおいても食いシブるアジを相手にしっかり結果がでていますよ。

ということで、タフコン時にこそ効く仕様となっている「ギムレット2.5インチ」、登場が待ち遠しいですね。