ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

メジャークラフトのアジングワーム&ジグヘッド&メタルジグおすすめ3選

アジングアイテムを続々発表しているメジャークラフトの最新おすすめアジングルアー&ワームをご紹介!

あとヒロセマンと実釣動画ロケにも行ってきたので、そちらのロケ模様なども踏まえて1つ1つ紹介していきますね。

ヒロセマン Hiroseman

メジャークラフトの実釣役といえばこの人!
たぶん、日本、いや世界で一番多くのロケをこなしているのでは? と思えるほど、全国各地、あらゆる魚種を狙って釣り歩いている。

 

パラワーム・アジピン2.5inch/3inch【メジャークラフト】

2017年11月に登場するのが、パラワームシリーズのアジング専用設計ワームなのが「AJI-PIN(アジピン)」。


極細ストレートのピンテールタイプで、ボディのやや前方にクビレがあるのが特長。

このクビレがあるおかげでアジの吸い込みバイト時でも折れ曲がってフッキング率UP、そしてタダ巻きでもフォールでも柔らかいスイムアクションを発生させるのに役立っている

またボディの細かいリブは適度に水も押してくれ微波動を発生してくれる。

マテリアルはかなりソフト! ただ適度なハリと針持ちのよさも持ち合わせているので使いやすいですよ。

アジピンは2.5inchと3inchの2サイズあり!

 

カラーは…。グローホワイト、クリアグロー、UVパール、クリアホロフレーク、クリアグローフレーク、グローチャート、チャートゴールドフレーク、2トーンクリアチャートと、釣果直結系の実績カラーを全網羅!

メジャークラフトのヒロセマンはこのアジピンをパイロット系ワームとして多用しているよ。 

 

 

パラワーム・アジフラット2.3inch/2.8inch【メジャークラフト】

パラワームのアジング専用設計ワームには上記で説明したアジピンのほかに、もう1つワームがあります。
それは強波動系ワームの「AJI-FLAT(アジフラット)」。

コシがありハッキリしたリブボディで水を強く押し、パドルのようなフラットテールが水を大きく撹拌するハイアピール系アイテム。

パイロット系としても存分に威力を発揮してくれますが、アジピンなどの微波動系で釣り倒したあとは、広範囲からアジを呼べ、リアクション効果も狙えるこのアジフラットの出番です!
アジングでは波動ローテはかなり、有効なので、アジピンとアジフラットをローテするのがおススメです!

アジピンでバイトが消えた瞬間にアジフラットにローテ。その1投目からコツン! という明確なバイトが発生!! 反応がなくなった時こそルアーローテの破壊力が増す、コイツはそのことを実証してくれた1尾

 

アジフラットとアジピンのヒロセマン解説動画も撮影してきたので、チェックしてみてくださいね

 

 

ジグパラヘッド アジングスタイル【メジャークラフト】

ジグパラワーム・アジピンとアジフラットに合わせるジグヘッドはジグパラヘッドのアジング特化型モデル「アジングスタイル」。
低重心で丸みを持たせた独特のヘッドはキャスト&フォール時の安定性と、ロッドワークによる左右へのダートアクションを高次元で融合したアイテム。

刺さり重視のフックはロングシャンクでわずかに開いたゲイプにすることで、アジ特有の吸い込み系バイトも的確に捉えてくれます。

夜光ワームキーパーはバイトマーカーにもなり、デイもナイトも完全サポート!
ウエイトバリエは0.4-2.5gの8種類あるので、いろんな状況に対応してくれるアジング専用ジグヘッドになっています!

2017年11月発売予定。

 

 

 

ジグパラマイクロ3g

デイゲームアジングの助っ人的存在が、ジグパラマイクロ。極小サイズのジグパラマイクロは、キャスティングによる遠距離でも、ピッチングによる近距離でも威力を発揮。タダ巻きで泳ぎ、ロッドワークでも機敏に動き、さらにはフォールでもアピール。デイのサイトも面白いゾ!!

ちなみにロケ当日、ヒロセマンはなかなか掛からない豆アジへのファイナルアンサーとして投入。

なぜ豆アジにメタルジグなのか? というとフック1つのジグヘッドよりも3本針のトレブルフックの方が掛かりやすいのと、ジグパラ専用アシストフックのSSを付けることで、フック数は4本! 掛かる確率もさらにUPという理由から。

基本はリフト&フォールやタダ巻きでOK。デイのサイトであれば、グローカラーが視認性もバツグンに高く、想像以上な人も魚もビックリな反応を引きだすことが可能。実のところ、グローカラーはヒロセマンのフェイバリットカラー!!

1 / 2
次へ