ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

2017年度JBトップ50第4戦in桧原湖は青木大介が予選3位から逆転優勝! 年間チャンプ争い暫定トップも青木大介!


出典:JB NBCニュース

 

日本のバストーナメントの最高峰シリーズ「JBトップ50シリーズ」の2017年第4戦「エバーグリーンCUP」の最終日・決勝が10日、福島県の桧原湖を舞台に開催された。
予選の2日間では2日間ともウェイイン率はほぼ100%。リミット達成率も初日94%、2日目96%と異常な釣れっぷり。
そして決勝もウェイイン率は100%、リミット達成率は93.3%(30人中28人)という非常に釣れた中での戦いとなった。

 

ちなみに決勝に臨んだ予選通過者は30名。

予選を結果を振り返っておくと、予選を終え2日間トータルの重量でトップに立っていたのは、西川慧選手で8530g。続く2位には270g差で小森嗣彦選手、3位にはトップから290g差で青木大介選手がつけていた。

決勝に残った30人の予選2日間の重量を全体的に見てみるとトップと5位の差はわずか365g、トップと30位の重量差は1485gと、ほんとに僅差といえるレベル。いったい誰が優勝するのか? 予想のつかない中で、決勝は行われたのでした。

 

そんな中、優勝を果たしたのは青木大介選手。

青木選手は予選をトップと290gの重量差となる3位で通過。

決勝では、混戦の中、4070g単日3位の成績を残し、見事に混戦を制し予選3位からの逆転優勝を果たしたのでした。

2位は吉田秀雄選手、3位は予選トップの西川慧選手。

 

なお桧原湖メジャー4連覇がかかっていた五十嵐誠選手は6位フィニッシュでした。

 

2017JBトップ50第4戦in桧原湖
最終成績表 上位5傑

氏名 重計 Day1重 Day2重 Day3重 獲得p
1
アオキダイスケ

青木大介

12,310 4,375 3,865 4,070 60
2
ヨシダヒデオ

吉田秀雄

12,130 4,040 4,175 3,915 59
3
ニシカワサトシ

西川慧

12,080 4,325 4,205 3,550 58
4
フクシマケン

福島健

11,895 4,335 3,810 3,750 57
5
コモリツグヒコ

小森嗣彦

11,885 3,850 4,410 3,625 56

2017JBトップ50第4戦in桧原湖
決勝単日の成績上位5傑

氏名 重量
1 T502
イガラシマコト

五十嵐誠

4,245g 5
2 T5029
エグチシュンスケ

江口俊介

4,115g 5
3 T504
アオキダイスケ

青木大介

4,070g 5
4 T5043
ホンドウヤスナオ

本堂靖尚

4,045g 5
5 T5046
カワベヒロカズ

河辺裕和

3,935g 5

出典:JB/NBCニュース決勝単日の成績表は以下参照

http://www.jbnbc.jp/_JB2017/view_result.php?t_id=10040&page=day3

 

 

さて、4戦を終えての年間争いの暫定順位は…

年間チャンプ争いは青木大介がトップに! 27ポイント差で今江克隆が追う展開。

順位 氏名 P計 P差 総重量
1位 青木大介 220p 0p 41,484g
2位 今江克隆 193p 27p 34,564g
3位 市村修平 190p 30p 33,004g
4位 小森嗣彦 186p 34p 34,109g
5位 野村俊介 183p 37p 30,826g

出典:JB/NBCニュース

 

4戦までの暫定年間順位全成績は以下を参照
http://www.jbnbc.jp/_JB2017/top50_point_rank_temp.php

 

 

さて、いよいよトップ50の2017年シリーズも次戦が最終戦!
いったい誰が年間チャンプを獲得するのか? 注目です!

大会名 日時 場所
第5戦 がまかつCUP 10月20日(金)~22日(日) 茨城県 霞ヶ浦 受付:6:30~ 潮来マリーナ