ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

今週の琵琶湖・オススメ情報【琵琶湖リサーチTVまとめ(9月8日収録分)】

本サイトの動画チャンネル、Youtube「ルアーニュースTVチャンネル」の人気コンテンツ「琵琶湖リサーチTV」はご存知でしょうか。

このコンテンツ、分析大好き系超理論派琵琶湖プロガイド・平村尚也氏がその時の琵琶湖の状況報告と見通しを解説してくれるチョ~便利な動画なのですが、最新収録分が公開となりましたので内容をかいつまんでお届けします。

まず、収録時のデータは以下の通りです。

水温:27度

水位:マイナス34cm

放水量:15t/s

比較的穏やかな天候で、しかもローライトとあり、よく釣れていた1週間。

釣れるエリアも広く、沖側でもシャロー側でもと、全体的に釣れていた印象。、集中して釣れるというよりは、いろんなエリアで拾っていく展開。

ターンオーバーも落ち着き、水質も若干良化したエリアも。

また降雨により流入河川からの濁りが入り、これによりチャターベイトなどで釣果も出ていた模様。

さて、各地の釣れ具合ですが、北湖の西岸エリアから。

少しずづ釣れはじめているものの、例年に比べてアユの量が少ない傾向で、シャローでのアユパターンがまだ本格化していない様子。

各水泳場のブイもなくなり、攻める範囲は拡大しているが、現在はあまりいい釣果がでていない模様です。

また、南湖の北エリアも苦戦。木ノ浜、赤野井、アクティバ、カネカといった北エリアが不調のようです。

 

一方、南エリアは全体的に釣れており、下写真のオレンジで示した場所が好調。沖側ではいぜんパンチショット、インサイド側はチャターベイトやスピナーベイトなど、秋らしいパターンで釣果がでているそう。

全体的に釣れているため、広く探って、いいエリアを見つけることが釣果に結びつくでしょう。

というわけで、次回配信は9月15日(金)予定です。