ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

リアクレ上田純也のドランクレイジーから超食わせワーム「ハンブラビ2インチ」を紹介【ハンブラビって何だ?】

リアクレ(リアルクレイジーアングラー)こと上田純也さんのブランド「ドランクレイジー」の注目ワームを紹介!その名は…。

 

ハンブラビ2inch

ハンブラビ? えっ? ハンブラビって、どういう意味? と思いますよね。
呪文のような…。キテレツな感じ。
でもワームの見ためも、かなりキテますよ!


手足のないイモムシ、というかフナムシというか、リーチ系? いろいろ想像してしまいますよね。

 

でも直接、リアクレに、お話を聞くと、この形には、実は理由があったんです。
約30年ほど前にリアクレが東京に住み現在と同じくバス釣りに励んでいた時のこと。その頃、リアクレのホームは霞ケ浦。

その霞ケ浦での釣行時に、激シブ状況で超沈黙していた時間帯があったとのこと。で、その時の打開策として、使用したのが、チューンしたツインテーィーズのスーパーグラブ。
どんなチューンだったのか?というと、手持ちのキレイあスーパーグラブがなく、イモグラブ仕様で使っていて、それもボロボロになったので、試しにそれを半分にカットして使ったところ、恐ろしく爆ったそうな。

 

勘のいい人なら、もう分かったと思うけど、それがハンブラビの原型になっていたとのこと。ハンブラビのハンブってこう言葉もひょっとして、半分にカットからきてるのかも⁉

その後も、このチューンをベースに色々と独自に進化させ、秘密兵器として使い続けてきたそうな。で、ついにその自身の食わせ兵器としてハンブラビを製品化したとのこと。

発売=2017年11月

使い方は、とにかく動かさない食わせのフィネス!

基本、フォールからの放置で使うとのこと。

オフセットノーシンカーでのカバー撃ちを多用。

またマス針チョン掛けでのスプリットやライトキャロで鋭いダート&フォールでリアクション狙いなんかでも効果があるとのこと。

 

とりあえず、イモグラブで攻めるようなシチュエーションで投入してみたいですね。