ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

琵琶湖バス釣りルアーの使い方2-ワーミング編【琵琶湖-夏秋対応=解説=前田純、国保誠、平村尚也、長谷川耕司、小池貴幸】

解説=国保 誠 Makoto Kokubo

_MG_7486-国保誠

巻く、撃つ、落とす、ハードベイトスタイルとジグ&TXスタイルをこよなく愛する元祖・イケメンデカバスプロガイド。多くのルアーやロッドなどの開発&製作にも精通する奥の深いオトコ

●琵琶湖ガイド情報●
国保誠ガイドサービス=ガイド受付☎077-585-8616(レークマリーナ)
出船マリーナ:レークマリーナ(守山市木浜町1641)
ガイドエリア:南湖メイン
ホームページ:http://www.makoto-kokubo.com/
ブログ:http://ameblo.jp/makoto-kokubo/
使用ボート…トライトンTR20XHP
遊漁船登録番号:滋賀第18号
_MG_6943

釣行に役立つオススメ情報サイト=「ウェザーニュース」、「琵琶湖河川事務所
琵琶湖オススメランチどころ=ヤマハマリーナ。ランチが充実していてよく利用します。

 

パターン解説

ストレスなく送り込めて、不用意にウイードを動かさない! コレが逆セット最大の利点

夏から秋にかけて南湖の水通しがよいボディウォーターラインに広がるカナダモエリアの中にいる多くのビッグバスを狙っていくパターンで効果的なのが、ビッグクローラーのパンチショットリグ。

ビッグクローラーのパンチショットリグは、濃くなったカナダモの中にも入りやすく、スリムタイプのシンカーを使用することでカナダモの中から引っぱりだしてくる時もスタックが少なく、不用意にウイードを動かさず、ていねいに釣ることが可能。そういった意味でもパンチショットリグは夏のビッグバスを攻略するのになくてはならないリグです。

このパターンでもっともキーとなるのがシンカーウエイトのセレクト。

基本的にはキャスティングで狙っていくのですが、ドーム状になっているカナダモの中に入るギリギリのウエイトをセレクトするのが基本になります。
しかし水温が上昇した状況や、水質が悪くなった時には速い動きでリアクション的に食わせたい時には重めのシンカーウエイトをセレクト。

ピッチングでバーチカルなアプローチで狙っていくこともあります。
ルアーアクションはドーム状に天井ができたカナダモの中にフリーフォールで落とし込み、ボトムでステイしてからはリフトして、カナダモの天井まで持ちあげてから再び中に落とすというリフト&フォールが基本になります。

 

シチュエーション解説

広大なカナダモフラットの中でも、濃いエリア、クランクした場所は要チェック!!

ビッグクローラーのパンチショットリグパターンがハマるシチュエーションのキーとなるのが、水通しがよいエリアにあるカナダモフラット。
そしてそのカナダモエリアの中でもカナダモが濃いスポットであったり、アウトサイドエッジがクランクしていたりするようなスポットがキーとなります。
ベイトフィッシュの存在もキーとなるのですが、ブルーギル、アユ、ハスなどどのタイプのベイトでもいいので、とにかくたくさんいることが重要となるでしょう。

ベストマッチルアーはコレ!
ビッグクローラー【バークレイ】
パンチショットリグ

ビッグクローラーをセレクトする理由はズバリ、スリ抜けのよさで、ストレート形状のビッグクローラーは落とし込んだ時にウイードに入りやすく、なおかつ逆付けすることで大きく水を押しながらフォールしていくのが特長。フォールでバスに存在をアピールすることができ、離れた所にいるバスにも気づかせることができます

国保誠のワーミングタックル

■ビッグクローラーのパンチショット用タックル
ロッド…X-GLAIVE・FXNC-75H MGS「トルクフレックス」 (アブ・ガルシア)

FXNC-75H MGS Torque Flex(ベイト)

トルクフレックス75Hは琵琶湖でのストロングスタイルフィッシングではなくてはならないロッドで一年を通して出番が多いモデルです。
沖のカナダモドームパターンやスイムジグパターンなど広大なフラットウィードエリアではキャスティング、フッキング、ランディングという側面ではロングレングスロッドが有効になるのですが、その反面ロングロッドは喰わせるための繊細なロッドアクションや重量が重たくなることからくる扱いにくさがデメリットとなります。トルクフレックス75Hはナノコンポジションカーボンとオリジナルセミマイクロガイドシステム、そして75Hだけ採用したラバーコルクグリップエンドを搭載したリアグリップによるハイバランス設計で7フィート5インチという長さを感じさせない操作性を実現させました。
繊細な喰わせができる操作性がありながら7フィート5インチの長さとナノコンポジションカーボンの強度、そしてロッドのパワーを生かすためにテストを繰り返して配置されたベリーからバットのガイドセッティングによりフラットウィードでのフルパワーフッキングを決めビッグバスに主導権を握らせることなくウィードから引きずり出すパワーゲームを思う存分満喫できるストロングスタイルバーサタイルロッドが完成しました。
トルクフレックスの名の通りストロングスタイルフィッシングである1/2~3/4オンステキサスリグ、3/8、1/2オンスラバージグ、5/8、3/4オンススイミングジグ、5/8、3/4オンススピナーベイトと様々なリグに幅広く対応するトルクフルなストロングバーサタイルロッドです。

出典:ピュア・フィッシング公式Xグレイブ詳細

リール…レボエリート8(アブ・ガルシア)
ライン…クイックショットFC20Lb(デュエル)

 

2 / 5
前へ 次へ