ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【新触感】マル秘ボディで釣果ノリノリ!みんな大好きプニプニ柔らかな新次元イカメタルの実力に迫る

シーズン序盤から釣れ続けている今年のイカメタルゲーム。本格的な時期を迎え、日本海側はもちろん太平洋側でも好釣果が続いている。そんなイカメタルゲームで秘密兵器的に話題となっている鉛スッテが存在するので、今回はコチラをご紹介しよう。

鉛スッテなのに柔らかい!? プニプニ触感が新しいバウンスッテの実力とは

イカメタルゲームのメインルアーとなる鉛スッテは、エギと同じようなカンナを持った棒状のルアーだ。鉛と名が付く通り、材質は金属系のモノが一般的で、コレを海中でアクションさせることでケンサキイカスルメイカムギイカなどを狙う。

バウンスッテ(SLASH)

鉛スッテのボディ表面は金属に布を巻いたモノが多い中、スラッシュが開発したバウンスッテは、ゴム状の素材で覆われており、スッテなのにプニプニとした新触感の柔らかさが特長。このベイトを模した柔らかボディにより、イカの抱きが深く・長くなるため、乗りがイマイチという状況では特に重宝する。しかも、ズングリとしたシルエットのため、他のスッテには反応しない状況でも高い実績を残している。

バウンスッテでケンサキイカをキャッチした開発の清正氏

さらに、バウンスッテはオバマリグのようなドロッパーをセットするタイプのリグにおいても高いキャッチ率を実現しており、先日行った取材時も、なぜかドロッパーではなくバウンスッテにばかりヒットするといった状況が発生した。

なお、柔らかいボディは破れやすいのでは?と思っていたが、ボディ表面の特殊加工により、それを軽減している。

もともとはシブい状況を打開するために設計されたバウンスッテだが、実際にはそれ以外の状況でもかなりの実力を見せている。この様子は、後日動画でもご紹介するので楽しみにしていただきたい。