ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

川口直人の本気ムシ!ジャッカルの「ナオトンボ」を紹介

時期的に虫パターンがアツくなってきましたね。

そんなわけで、ルアーニュースRでも少し前に、虫パターンの特集記事を配信したばかり。

虫パターンでオススメの虫ルアー虫ワーム24選【バス釣り表層攻め】

ただ、続々と新しい虫ルアーが登場してるんです。

そんな新型虫として今回紹介したいのは…。

直とんぼ(ナオトンボ)【ジャッカル】

ワンモアフィッシュを獲るための川口直人のこだわり。

出典:ジャッカル公式ナオトンボ詳細
このナオトンボですが、今年のフィッシングショーで、プロト状態のモノを見せていただきました。
その時は、名前が仮称・活トンボ川口直人チューンでした。


さて、それではナオトンボを紹介していきましょう。


出典:YouTube JACKALLSTATION チャンネル

ナオトンボは、漢字表記も入れると直とんぼ、と書くんですが、直とは、あの川口直人さんの名前の「直」からとっています。

で、直人(なおと)と「トンボ」でナオトンボ!


出典:YouTube JACKALLSTATION チャンネル

そうなんです。このナオトンボは川口直人さんプロデュースの虫ルアーなんです。
元々、ジャッカルではイケトンボというトンボ型虫ルアーがありましたが、これはイケトンボをベースにさらに川口直人さんのこだわりが詰めこまれた進化モデルといえます。

基本的にはエラストマーボディで中空シリコンを羽根にみたてたトンボ型のルアーなんですが、さらなるこだわりが詰まっています。

一番の注目するべき特長は、ボディにウエイト玉入りの樹脂パーツが内蔵されているということ!

新型インナーコア
このパーツを搭載することの利点はけっこう多いんです。
まずは、飛距離が抜群に伸びる!ということ。
あらゆる虫系ルアー&ワームに共通する懸案点として、浮力を求めると、どうしても軽くなって飛距離がでなくなってしまうことが挙げられます。でもこのウエイト玉入り樹脂を内蔵することで、その悩みが解消されるんです。


出典:YouTube JACKALLSTATION チャンネル

そして飛距離面での利点だけでなく、樹脂に色んなカラーやホロシートなどを乗せることで、いろんな表現ができたり、リアル感を格段にアップさせることができるんです。
実際のカラーラインナップ全8色を見てみると、利点がよくわかりますよぉ。

ナオトンボの全カラーラインナップ。
インナーコアのカラーが効いてますね

マス針チョン掛けでセット

あと、フックのセット方法ですが、マス針のチョン掛けセッティングが推奨されています。

身切れによるロストを防ぐフックハンガーアイ装備
出典:ジャッカル公式ナオトンボ詳細

エラストマーボディとボディのチョイ内部に配置されているアイ(フックハンガーアイ)を一緒にひろってフックセットする形になるので、キャスト時やファイト中に身切れによるルアーロストが少なくなっています。

Name Length Weight Type Price
直トンボ 60mm 2.3g Floating ¥1,050(本体価格)※2匹入り

ナオトンボについては、YouTubeのJACKALLSTATIONチャンネルで川口さん本人による解説動画が配信されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!
川口直人スペシャルチューン ″直トンボ″ 解説 / ジャッカル
https://www.youtube.com/watch?v=HfaUizrsJpE

なんだかバイトしてくるのがカンタンに想像できてしまうほど、釣れそうですね。