ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ボートマゴチ】で使える、その名も「疑似エビ」がジャッカルより登場

Reprinted Source:TSURISOKU

ボートマゴチの釣りって楽しいですよね。

まだ体験したことがないよーって方には基本的なハウツー記事もあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

記事はコチラ→「【ボートDEマゴチゲーム】最近ジワジワきてるお手軽系ルアーフィッシング」

その中でも触れたように、「一つテンヤマダイのタックルそのままで楽しめる」から「こりゃオモシロイ」になり、もっと釣れるよう、よりボートマゴチに特化した専門性が高いアイテムを発売しているメーカーも増えてきました。ジャッカルも、そんなマゴチゲームに愛を注いでいるメーカーさんの一つといえるでしょう。

そのジャッカルより、名前そのまま(笑)、「疑似エビ」なるアイテムが登場します。監修は「ヒデさん」こと宮本英彦さん(それだけで釣れそうな気がするのはなんでだろう)。一つテンヤによるマダイ狙いにはもちろん、マゴチ狙いにも使えるマストアイテムになりそうな予感!

宮本英彦プロデュースのテンヤワーム「擬似エビ」
擬似エビは通常の海老をエサに用いる「ひとつテンヤ」のアピール力を増強するアイテムです。
ルアーフィッシング的に鋭くテンヤを操作する釣り方などで、大きなアドバンテージを得られます。
テールは2種類。
ストレート形状でナチュラルな波動でアピールするノーマルタイプと、
二つのグラブから力強い波動を発生する強波動タイプで展開。ボディは蛇腹スリット採用で、ワームを曲げることで針に通しやすい仕様になっており、使い勝手も抜群。
さらにコアショット技術を用いることにより、ボディ内側ハードマテリアル、外側はソフトマテリアルで構成。その結果、針持ちが良く、かつ魚が好む柔らかな仕上がりになりました。
キャストやしゃくりといった激しいアクションでも身切れの心配もなく、イワシについた真鯛も狙うことが可能です。

出典:ジャッカル

ストレートタイプ㊨と強波動タイプ㊧があり

内側はハードマテリアル、外側はソフトマテリアルのコアショットボディ。ハリ持ちがよく魚が好む軟らかさ

「蛇腹スリット」で、テンヤのフックにもセットしやすい仕様

フォーミュラたっぷり!エビ粉末を練り込んでおり、ニオイ、アミノ酸も豊富(美味しそう!?)

パッケージにはセッティング方法が記載されています。これで初めての人でも安心

ヒデさんの解説動画もご覧ください☆