ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

菊元俊文プロデュース「アントライオン2.7inch」直訳するとアリジゴク。注目の新作ワームを紹介

菊元俊文プロデュース「アントライオン2.7inch【エバーグリーン】」を紹介

菊元俊文さんのロケに出かけてきました。
そのロケ中に見かけたのがウワサの「アントライオン2.7inch」というワーム!

今回はこのアントライオン2.7inchを紹介!

さて、まずはその「アントライオン」というワームの名前ですが…。プロトの段階では菊元さんはオケラ君と呼んでいたけど、正式名称としてアントライオンに決まっています。
さて、アント=アリ、そしてライオン? えっどういうこと?と思う人が多いと思います。もちろん記者もw。

ちなみに英語の直訳ではアリジゴクと言う意味とのこと。

なぜアリジゴクなのか?というと、バスがそのワームを見つけたらアリジゴクに落ちたアリのように逃れられないスペシャルなワーム、そして見た目が昆虫のようなこともあって、アリジゴクという名に決めたとのこと!
どんな動きなのか?というと…。
まず着底後はフワーっと倒れこみアクションをしてくれます。

そのまま、ズルズルと動かすと細かい足を震わせながら微波動アクション!

さらにボトムでショートジャークさせると、レスポンスよくクイックにドッグウォークアクション。
この2つのアクションを基本に、あとは中層でのスイミングでもイイ動きをしてくれます。

元々菊元さんはこのアントライオンはC-4ジグのトレーラーとして作ったモノで、スモラバトレーラーとしての使用がやはり、オススメ!
ただ、ドロップショットやキャロでもイケるとのことでした!

 

ちなみに今回のロケでもC-4ジグ+アントライオン(ベイトタックル&スピニングタックル)が活躍してくれてましたよ!

 

菊元さんに直接、ショートムービーで解説していただきました!

 

 

 

少し大きいサイズのアントライオンも発見

なおロケではアントライオンの2.7インチに加え少し大きいサイズのアントライオン3,3インチも発見。