ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

恐ろしいまでのド遠投ができる超高比重ワーム「イモリッパー95mm」実釣オカッパリ動画も公開に!

高比重イモ型ワームとして知られるのがジークラックのイモリッパー!


出典:ジークラック公式イモリッパー詳細ページ

ファットなボディ、そしてお尻側に膨らんだテーパーデザイン、そして微波動を出すピンテールが特長的ですよね!

使い方的にはノーシンカーにリグっての遠投! アクション的にはバックスライドやユラユラフォールで誘うのが定番!

スキッピングもビシバシ決まるのもうれしい特長の1つになっています。

さて、そんなイモリッパーですが、サイズは40mmサイズ(1.5inch/2g)と60mmサイズ(2.5inch/4g)、それから今年発売となった95mm(3.8inch/14g)を合わせた3サイズがラインナップされています。

 

推奨フックサイズは、上から40mmが#2、60mmが#2/0、95mmが#5/0のオフセットフックです。

価格:¥480(税別)/40mm・60mm
価格:¥580(税別)/95mm

 

大注目は95mmサイズ! 恐ろしいまでのぶっ飛び性能と、素材は大量のソルトに加えストロングエビフォーミュラーがイン!

さて、そんなイモリッパーですが記者がソソられるのは95mmサイズ!

元々は、琵琶湖などのビッグレイクでのボート用として開発されたようなのですが、発売後はやたらとオカッパリでの釣果報告が多いとのこと。

ちなみにオカッパリで人気なのは、2つお大きな理由がありそう。
超キョーレツなぶっ飛び性能で、かなり遠い対岸のカバーを攻めることができることが1つ。

そしてもう1つは近距離戦のややこしいカバー撃ちの場合でも高比重のおかげで、カバーにネジ込みやすいという特長があるから!
そりゃオカッパリにもイイかも!ですよね

ちなみにイモリッパー95サイズにはスリットが入っていてフッキングも決まりやすくなっています。また、95サイズのみ 通常モデルに入っているたくさんの塩に加え、持続性と集魚効果の高いストロングエビフォーミュラーが入っているとのこと

 

オカッパリでも使い勝手のよさは、イモリッパー95を使った実釣動画をチェックしてもらうとバッチリ分かると思います!
どれぐらいド遠投ができるかにも注目してチェックしてみてくださいね!